温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年10月12日

伊香保温泉 「ホテル天坊」


 「天坊」 といえば、ディナーショーでしょう!

 その昔、と言っても20数年前のことです。
 若かりし頃、と言っても30代前半のことです。
 家族を連れて、ホテル天坊へ行ったものです。

 というのも、当時は雑誌の編集長をしていまして、まあ、なんていうか、色々とお付き合いもありまして、天坊様のチケットを買わせていただていたわけであります。
 歌手やモノマネ芸人のショーに、たびたび足を運んでいました。

 いわば僕にとっては、“家族との思い出の場” なのであります。


 昨晩は、1年9ヶ月ぶりに 「ホテル天坊」 に泊まってきました。
 前回は、真冬の1月でした。
 某教育関係団体から依頼を受けて、研修会の講師として伺いました。
 ※(当ブログの2014年1月10日 「研修会 in 伊香保②」 参照)

 今回は、初の取材であります。
 過去には、ディナーショー以外にも忘年会などで、たびたび伺っていますが、取材となれば勝手が違います。
 まずはチェックインを済ませ、「黄金(こがね)の湯」 と 「白銀(しろがね)の湯」 の温泉三昧を堪能しました。


 ところで、読者のみなさんは、なぜ 「天坊」 という名前だか知っていますか?
 その理由は、長い長い歴史にあったのです。

 創業は不明。
 しかし、明治25年(1889)年に写された石段街の写真には、すでに前身の 「ふじのや旅館」 が写っています。
 わずか15部屋の小さな木造旅館です。
 昭和34年(1959)、本館の奥に4階建ての別館 「山彦」 を開業します。

 しかし、時は高度成長期。
 石段街では、駐車場を確保することができません。
 昭和43年、意を決して当時は山林だった現在地へ移転しました。

 では、なぜ屋号を 「天坊」 と改名したのでしょうか?
 その答えは、来春出版予定の著書をご覧ください。

 なーんて、ちゃっかり予告なんてしたりして!


 僕の “伊香保旅” は、まだまだ続くのであります。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 野栗沢温泉 「すりばち荘」④ (2017-06-22 21:20)
 丸沼温泉 「環湖荘」④ (2017-05-24 12:08)
 川場温泉 「悠湯里庵」④ (2017-05-17 21:26)
 上牧温泉 「辰巳館」⑦ (2017-04-26 14:33)
 千年湯めぐり (2017-03-30 18:51)
 伊香保清遊 ~詩人が愛した石段街~ (2017-03-24 19:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
伊香保温泉 「ホテル天坊」
    コメント(0)