温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年10月18日

一湯一会


 「現場は筋書きのないドラマだ」
 そう言って、僕に仕事を教えてくれたのは、はるか昔、アルバイトでお世話になった看板屋の社長でした。
 「同じ仕事でも、現場によっては手順も工具も異なる。2つとして同じ仕事はないんだよ」
 ということです。

 30年も昔のことなのに、なぜか印象深く脳裏に残っています。


 「事件は会議室で起こっているんじゃない!」
 と叫んだのは、有名な刑事ドラマの主人公でしたっけね。
 ここでも、現場の重要性を訴えていました。

 “現場主義”

 まさにライターにとっても、現場(取材) がすべてです。
 書くことが主の仕事でも、現場ありきなんですね。
 このへん、看板屋さんと似ていると思います。

 どんな優れた文章を書いたとしても、それが事実と違っていたら、なんの価値もありません。


 僕がバンド活動や講演会を行うのも、この “現場” の緊張感とライブならではのサプライズ感が忘れらずに、病み付きになっているのかもしれません。
 毎回、毎回、まさに 「筋書きのないドラマ」 に心をときめかしています。


 先日、高崎市の 「ニューサンピア高崎」 で開催されたセミナーでは、思わぬ出会いがありました。
 終演後、数名の読者が僕の著書を手にサインを求めに来ましたが、その中に1人の男性がいました。
 見た目、僕と同世代です。

 「ジュンちゃん、久しぶり!」
 声をかけられた僕は、ビックリ仰天。

 えーと、誰だっけ?
 苗字ではなく、名前で呼ぶところをみると、昔を知っている人か? 同級生だろうか?

 あっ気にとられていると、彼から 「○○です」 と名乗ってくれました。
 「えーーーーーっ!!! ○○ちゃん!」
 なんと20代にライブハウスで共に活動していた音楽仲間でした。
 30年以上ぶりの再会です。
 話を聞けば、この日ここで僕がセミナーを開くことを知り、わざわざ、そのためだけに来てくれたと言います。
 ありがたい話です。


 と思えば今日、また講演会場でサプライズがありました。

 僕は現在、前橋市や高崎市の公民館をめぐって、「高齢者教室」 の温泉講師をしています。
 今日は前橋市の総社公民館で、2時間の講話をしてきました。
 終了後、高齢の婦人が僕のところへやって来ました。

 「大変ご無沙汰しています。以前、○○でお世話になった××です」

 なんと、20年以上前に僕が勤めていたいた会社の経理のおばちゃんでした。
 当時は50代ですから、すでに70歳は超えているはずです。

 「公民館からのお知らせでね、小暮さんが講師で来るって知ったものだから。絶対に会いに行こうと思ったのよ」
 うれしさで、僕の目はウルウルしちゃいました。


 それもこれも、ライターという仕事していたから出会えたんですね。
 温泉が縁を結んでくれた一期一会です。
 いえ、“一湯一会”  です。

 これからも素敵な出会いを求めて、ライブ活動を続けたいと思います。
 

同じカテゴリー(講演・セミナー)の記事
 やっぱり温泉といえば群馬なのです (2018-07-27 14:29)
 ライターとして大使として (2018-06-28 21:21)
 小さな講演会 (2017-08-15 21:18)
 文化講演会のお知らせ (2017-06-19 13:58)
 出版記念基調講演会のお知らせ (2017-05-11 22:20)
 亡夫の湯心を抱いて (2017-03-04 21:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
一湯一会
    コメント(0)