温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年10月27日

みなかみ いやし紀行


 みなかみ温泉大使からのお知らせです。

 『男の隠れ家』(三栄書房) という雑誌をご存知ですか?
 現在発売中のベストシリーズ 「思い立ったら、ひとり旅。」 を、ぜひご覧ください。
 特集で、ひとり旅のおすすめ温泉として、熱海&みなかみを紹介しています。

 カラー6ページの特集 「1泊2日 みなかみ いやし紀行」 では、上越新幹線の上毛高原駅から 「たくみの里」 のある須川宿をめぐり、真田ゆかりの温泉地・湯宿(ゆじゅく)温泉の外湯を訪ねます。
 そして宿泊は、「ゆじゅく金田屋」 です。

 そう、先日、僕が泊まった旅館です。
 大正時代に若山牧水が投宿した宿で、当時の部屋が 「牧水の間」 として現存しています。


 今回のこの企画、みなかみ町観光協会とのタイアップ記事とのことで、旅人を演じているのは観光協会きっての若きホープ、木村崇利君であります。
 実は彼、僕を温泉大使に推薦してくれた立役者でもあるのです。

 すらっとした長身のイケメンの彼は、どの写真も絵になっています。
 なかでも、浴衣姿で書をしたためている姿なんぞ、太宰治の若かりし頃のようで、しびれるのであります。
 女性のみなさん、一見の価値がありますぞ!


 ひとり旅大歓迎の湯宿温泉へ、いらっしゃ~い!!

 みなかみ温泉大使からのお知らせでした。


同じカテゴリー(大使通信)の記事
 温泉大使と泉極娘 (2017-04-02 20:39)
 シークレットトラックを探せ! (2017-04-01 12:28)
 がんばろう! 四万温泉 (2017-03-16 13:48)
 大使、山に登る。 (2017-02-08 12:34)
 オール群馬で行こう! (2016-12-19 18:16)
 またもや快挙! みなかみ18湯 (2016-12-17 21:41)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
みなかみ いやし紀行
    コメント(0)