温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年11月01日

おばあさんが転んだ


 「いま、どこにいる? 来れないか?」
 「無理だよ、これからライブだもの」
 日曜日の朝、突然、アニキからケータイに電話がありました。
 いやな予感が、脳裏を走ります。

 「なんかあったの?」
 「オフクロが転んだ」
 「転んだ? それでケガは?」
 「ケガはないけど、腰を打ったらしくて、ベッドから動けなくなった」

 なんでもアニキが別の部屋でテレビを観ている1時間の間に、車イスから転げ落ちたらしい。
 気づいた時には、ひっくり返ったカメのように仰向けになって、手をバタバタさせてたという。
 しかも、そばにはオヤジがいて、「ばあちゃん、なんでそんなところで寝てるんだ! 早く新聞を取って来い!」 と息巻いていたという。

 幸い、リビングには床暖房が施されていたため、オフクロが冷たくなることはありませんでしたが、またまた、やっかいなことになりました。
 ちょうど3ヶ月前には、オヤジが転んで騒動を起こしたばかりです。
 ※(当ブログの2016年7月29日 「おじいさんが転んだ」 参照)

 これだから年寄りからは、目が離せません。


 「イタイ、いたたたたーーーー!」
 ベッドの上で、オフクロが叫びます。
 ついに車イスでの移動も不能になったため、1人でトイレに行けません。
 介助に付いても難しい様子なので、紙オムツをはかせることにしました。

 「あああーーー、死んじゃうよ~~!!」

 ベッドの上でのたくり舞うオフクロは、小さくてやせ細っていて、サルの赤ちゃんのようです。
 「まるで、捕まった宇宙人だな」 とアニキ。
 「ああ、あの有名な写真のね」 と僕。
 オフクロには失礼ですが、兄弟で大笑いしてしまいました。


 「さて、これからどうするかだ」
 「だね」
 「お前、今週、2人は同時に看れないだろう?」
 「オヤジだけならなんとかなるけど」

 僕ら兄弟は、両親がデイサービスやショートステイに行っている以外の日は、交替で介護をしています。
 くしくも今週は僕の当番でした。

 「オフクロの腰の痛みが取れるまで、預けることにしよう」
 「そうしてもらえると助かるけど」
 「ただ、急だからな。部屋が空いているかどうか…」


 そして昨日の午後、担当のケアマネージャーから連絡があり、オフクロを今日から1週間預かってもらえることになりました。

 さて残るは、ボケ老人のオヤジだけです。
 でもこいつが、なかなか手ごわいのであります。

 さあ、かかって来い! じいさんよ!!
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

この記事へのコメント
t.k.さんへ

ご連絡、ありがとうございます。
実は、そのサイトがあることは知っていました。
僕のブログが、そっくり載っているブログがあることも知っています。
とても不思議に思っていたのですが、そういうことだったのですね。
グンブロに伝えておきます。
今後とも、よろしくお願いいたします。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年11月02日 00:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
おばあさんが転んだ
    コメント(1)