温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年11月16日

伊香保温泉 「徳田屋旅館」


 爆睡13時間!!
 日頃の疲れがドッと出たようで、昨晩は、まさに死んだように、こんこんと眠り続けました。
 でも理由は、それだけではありません。
 久々に、ホッとやすらぐ宿にたどり着いたのです。


 いい旅館って、一瞬で分かるものなんですね。

 坂の途中に、形の良い松の木が一本……。
 奇をてらうでもなく、「旅館 徳田屋」 の看板がかかるだけ。
 玄関の戸を開ければ、昔ながらの宿屋風情が漂っています。
 そして、

 「あ~ら、もう着いたの。いらっしゃ~い!」
 と、たっぷりの笑顔と、甲高い声の割ぽう着姿の女性。
 噂で聞いていた名物女将の田中明子さんが、元気いっぱいに登場!

 それだけで、ホッと肩の荷が下りたように、体が軽くなりました。
 そして、「待ってました!」 とばかりに、しゃべくりまくる機関銃トーク!
 こういう女将さん、僕は嫌いじゃないんですね。
 どちらかというと、好きです。
 だって、一発で腹の中が見えますもの。

 「でも、ちょっと女将さん、待ってください。とりあえず、荷物を部屋に置いてきますから。その後、ゆっくり話を聞かせてください」
 と、この場はあいさつだけして、一度、旅装を解きに部屋へ。


 徳田屋旅館は、昭和51年(1976) の創業。
 伊香保生まれで、伊香保育ちの女将さんが、脱サラをしたご主人と始めた宿です。
 女将さんの父親の名前が 「徳志」、ご主人の苗字が 「田中」。
 「それで、両方から一字ずつ取って “徳田” なのよ。よく、田中なのに、なんで徳田なんだ?って言われるけどね。アッハハ!」
 と、豪快に笑い飛ばします。
 いいな、いいな。なんか、こっちまで楽しくなってきましたよ。

 「私、これでも緊張していたのよ。だって、ライターさんから取材を受けたことなんてないからね。でも良かった~! 小暮さんが、こんなにも気さくな人でさ。安心したよ」
 いえいえ、女将さんこそ、素朴で飾らず、聞かないことまで何でも話してくれて、本当に久しぶりに気持ちのいい取材ができましたよ。


 創業以来40年間、継ぎ足し継ぎ足し守ってきた秘伝のタレで、じっくり煮込んだ名物の 「角煮」 のうまかったこと!!
 湯上がりのビールが進みます。

 部屋にもどって、ゴロンと横になり、テレビのサッカー中継を観ているつもりが、うとうと…うとうと……
 あっと言う間に、白河夜船を漕ぎ出していました。

 翌朝、なかなか朝食に下りて来ないものだから、心配した女将さんに起こされてしまいました。
 それほどまでに、居心地の良い宿だったのです。

 いい宿は、眠くなるのであります。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 法師温泉 「長寿館」⑧ (2017-10-19 14:22)
 伊香保温泉 「よろこびの宿  しん喜」② (2017-10-01 17:27)
 塩原元湯温泉 「大出館」 (2017-09-27 14:16)
 下仁田温泉 「清流荘」⑧ (2017-09-21 19:30)
 霧積温泉 「金湯館」⑦ (2017-08-23 12:46)
 老神温泉 「観山荘」② (2017-08-21 19:09)

この記事へのコメント
小暮さん、お疲れ様です。寝る子は育つ。アッハハハ(^.^) よかったですね、いい宿に巡り会えて。私も德田屋旅館さんは以前より気になっていた宿‥口コミのいい宿ですね。内容はお料理は当然ですが、女将さんやスタッフのもてなしが…。小暮さん、うれしい宿じゃありませんか!私みたいに売上に貢献出来ない客に対して‥適当にあしらう女将や社長、支配人や従業員は悲しいかなウンザリする程見て来ましたが…(泣) 私も近い内に小暮さん同様爆睡しに德田屋さんにお邪魔しようっと 小暮さんの紹介でと言えばお銚子1本サービスありでしょうか?(笑)
Posted by 水上のなべちゃん at 2016年11月16日 20:17
水上のなべちゃんへ

お恥ずかしい!(笑)
でも、本当に良い宿は眠くなるものです。
なべちゃんの言うとおり、ウンザリ宿が多い中、久々に出会った“真のもてなし”を感じる宿でした。
ぜひ、行ってみてください。
お銚子が付くかどうかは、分かりませんけどね(笑)。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年11月17日 10:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
伊香保温泉 「徳田屋旅館」
    コメント(2)