温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年12月07日

伊香保温泉 割烹旅館 「春日楼」


 伊香保中心街を通る県道(通称:一文字通り) から 「かみなり坂」 を下った、一番下。
 「ここも伊香保なの?」 と一瞬、戸惑うほどの静寂に包まれています。
 春日楼は、伊香保温泉で、石段街から一番離れた旅館です。
 まるで一軒宿のように、ポツンとたたずんでいます。

 でも、そのたたずまいは、旅館というよりは料亭。
 形の良い松やヒイラギなどの樹木に囲まれた庭園を歩きます。
 それもそのはず、ここは伊香保で唯一の割烹料理の宿なのです。
 “現代の名工” を受賞した料理長が腕をふるいます。


 玄関では下足番の 「熊二郎」 と、調理見習と描かれたエプロンをした 「熊五郎」 がお出迎え。
 どちらも本物のクマの剥製です。
 「熊五郎は、私より古いんですよ。でも、いまだに見習い中です。フフフッ」
 と笑う古参従業員の一場ふみえさん。
 昭和52年の創業時から客人を出迎えているクマだといいます。

 フロントのカウンターを見れば、ちょうど上毛新聞の1面が出ています。
 群馬テレビの番組広告を指さして、今晩の出演のことを伝えると、
 「あらら、みんなに伝えなくっちゃね。他のお客さんにも」
 と明るく気さくな人柄がのぞきます。

 ネットの書き込みなどを見ると、「従業員がアットホームで居心地が良い宿」 などとありますが、本当に家庭的で、ともすると取材に来ていることを忘れてしまいそうな宿です。


 夕刻までに取材を終え、ひと風呂浴びて、匠の料理をいただき、あとは部屋にもどってテレビを観るだけ……
 畳の上で、ゴロンと横になっていると、
 「小暮さん、大変です。3チャンネルが出ませんよ!」
 と大声を上げるカメラマン氏。
 「どれどれ……、本当だ!」
 と、あわてる僕。
 他のチャンネルは、すべて映るのに3チャンネル(群馬テレビ) だけが映りません。
 放送まで、あと1時間です。

 でも、ご安心ください。
 事情を話すと、すぐに番頭さんが、すっ飛んできてくれました。
 結局、僕らの部屋のテレビは映らなかったため、わざわざ隣の部屋を用意してくださいました。
 ありがとうございました。

 事なきを得て、無事に9時のオンエアを見ることができました。
 放送終了後からメールと電話が、続々入ってきました。
 みなさん、観てくださったのですね。
 感謝!

 今日、家に帰ってパソコンを開いてみると、やはりメールが届いていました。
 「髪の毛は、黒いほうが若く見えて良い」 などの意見もありましたが、みなさん、楽しんでくださったようであります。
 「もっと素顔を知りたい」 なんていうメールもありましたよ。

 テレビを観てくださった友人・知人・読者のみなさん、本当にありがとうございました。
 お礼申し上げます。

 温泉ライター 小暮淳は、ますます裸になって、温泉を駆け回りますよ!
 応援、よろしくお願いします。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 上牧温泉 「辰巳館」⑦ (2017-04-26 14:33)
 千年湯めぐり (2017-03-30 18:51)
 伊香保清遊 ~詩人が愛した石段街~ (2017-03-24 19:27)
 あれから6年、大胡温泉。 (2017-03-11 20:47)
 伊香保温泉 「岸権旅館」 (2017-03-03 18:34)
 角間温泉 「岩屋館」 (2017-03-02 11:08)

この記事へのコメント
先生を尊敬する理由はたくさんありますが・・・
いちばん、すごいな。って思うことの一つに。
先生は、どんなに有名になっても、どんなに人気者になっても
全くおごりがなく、優しくて
どんな場面でも先生の人柄が変わらないことです。

それは、昔からの知人であっても
今、知り合った温泉初心者の人であっても・・・
先生は、温泉を本当に愛している人に
分け隔てなく接してくださるのです。

だから、テレビの画面から流れてくる場面が
とてもとても素敵で、先生の素顔を映していたと思います。

でも、欲を言えばもっと見たかった。。。
できれば。。。今度は特番一時間はお願いしたいです♪

日々、地道な取材を続け、誰にもできなかった群馬の温泉の素晴らしさを伝えて下さる先生に乾杯!
そして、日本中に密かに隠れている小暮淳ファンに乾杯です。
Posted by mimi at 2016年12月08日 20:58
mimiさんへ

うぐぅ、うぐぅ~!!(嗚咽)
そ、そ、そんなことを言ってくれるのはmimiさんくらいですよ(涙)。

いつもエールをありがとうございます。
勇気が湧いてきましたよ。
これで、あと4年間(東京オリンピックまで)は、突っ走れそうです。
よっしゃ、やるぜ!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年12月09日 13:15
本当にあっという間に、終わった感じです。
次は、1時間の特番で。
次の本が出来上がったら、出版記念を兼ねて、「1時間で〇〇〇温泉を入りつくす」みたいな企画の生放送が良いなあ(笑)
Posted by ヒロ坊 at 2016年12月09日 17:42
ヒロ坊さんへ

“言の葉” には、“言霊” が宿るといいます。
その企画、すんなり通ったりして!?
だって僕は、あの番組のスーパーバイザーですからね。
企画会議で提案してみます。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2016年12月09日 22:54
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
伊香保温泉 割烹旅館 「春日楼」
    コメント(4)