温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年12月19日

オール群馬で行こう!


 <最終的には、県内の温泉地が一丸となること。オール群馬ですよ>
 <はい、オール群馬で頑張りましょう!>

 これは、僕と某温泉旅館の社長とのメールのやり取りです。


 僕は今年、みなかみ町(群馬県利根郡) の 「温泉大使」 と中之条町(群馬県吾妻郡) の 「観光大使」 に任命されました。
 当然ですが今年は、通常の温泉取材のほかに、大使関連の仕事が増えました。
 となると、僕も人の子です。
 講演やセミナーなどに呼ばれれば、なにげに大使話をします。

 「みなかみ町には18の温泉地があります。中之条町には9つの温泉地があります。知っていましたか? では、全部言ってみましょうか」
 なーんてね。

 また、これも当然のことなのですが、任命以降は、連載や講演資料などのプロフィール欄には、2つの大使名が記載されます。
 ここでも必然的に、温泉地のPRがされるわけです。
 決して、他の温泉地と比べて、エコヒイキをしているわけではないんですよ。
 大使とは、そういうものなのです。


 で、冒頭のメールのやり取りになったわけです。
 お相手は、大使に任命されている町の観光協会長であり、県の温泉協会の理事も務めている方です。
 もちろん、彼は僕が、県内の温泉地および温泉宿をくまなく回っていることを知っています。
 決して、僕に自分の町の宣伝だけさせようなんてことは、毛頭考えていません。

 「オール群馬で行こう!」
 いつしか、僕と関わる温泉関係者の間では、合言葉のようになりつつあります。


 「県外の年寄りが、『ああ、死ぬ前に、もう一度だけ群馬の温泉に行きたいね』 そう行ってもらえたら私の本望です」
 僕が講演の最後に、よく言う言葉です。

 “みかん” といえば愛媛県、“うどん” といえば香川県、“りんご” といえば青森県……
 では、“温泉” といえば?

 全国の人が躊躇することなく、“群馬県” といえる日が来るまで、「オール群馬」 の姿勢を貫きたいと思います。

 もちろん、逆もですぞ!
 群馬といえば、温泉です。
 

同じカテゴリー(大使通信)の記事
 がんばろう! 四万温泉 (2017-03-16 13:48)
 大使、山に登る。 (2017-02-08 12:34)
 またもや快挙! みなかみ18湯 (2016-12-17 21:41)
 「なかのん」 が観光大使に (2016-12-05 12:32)
 目指せ!グランプリ in 安兵衛 (2016-11-23 13:56)
 祝! みなかみ18湯 (2016-11-17 21:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
オール群馬で行こう!
    コメント(0)