温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2016年12月27日

さらば青春の聖地


 ♪ ひとつひとりじゃ淋しすぎる ふたりじゃ息さえもつまる部屋
   みっつ見果てぬ夢に破れ 酔いつぶれ夜風と踊る街
   哀しみばかりかぞえて 今日も暮れてゆく
   あゝ青春は燃える陽炎か あゝ青春は燃える陽炎か ♪
    (『あゝ青春』 by 吉田拓郎)


 奇しくも前回、ブログに拓郎のことを書いたところ、翌日の新聞紙面に、こんなニュースが掲載されました。
 『フォークソングの聖地 42年の歴史に幕』

 「つま恋」 という名を聞いて、胸の奥のほうがキューンと締め付けられる思いを抱くのは、たぶん50代以上の方々でしょうね。
 決して、群馬県吾妻郡のキャベツの産地ではありませんよ。

 「つま恋」 とは、静岡県掛川市にあるヤマハリゾート施設のこと。
 1974年に開業し、翌年の夏には、あの伝説の野外フォークコンサートが開催されました。
 『あゝ青春』 は、その時のオープニング曲であります。

 そして1979年には、前回ブログに記した愛知県の離島、篠島でのアイランドコンサートが開催されました。
 この時のオープニング曲も 『あゝ青春』 でした。


 残念ながら僕は、同じ時代に青春を過ごしていたにも関わらず、まだ高校生だったことや家庭の事情もあり、歴史の現場には立ち会えませんでした。
 もちろん、ライブビデオは擦り切れるほど、くり返し観ましたけどね。

 で、大人になってから “聖地巡礼” の旅に出たのであります。
 つま恋にも、篠島にも……


 その青春の聖地が、1つ姿を消しました。
 施設の老朽化が進み、修繕費がかさむこと。
 利用客の減少により、業績不振に陥ったこと。
 理由は多重のようですが、やはり一番に感じることは時代の変化です。

 価値観の多様化、に尽きる気がします。

 きっと今の若者も、それぞれの夢を抱いて真っ直ぐに生きていることでしょう。
 そして僕らにも、夢中になった青春の群像があったのです。

 今でも記憶の中で、ゆらゆらと陽炎のように揺らめいています。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 マロの独白(32) 寝る爺は育つ (2017-10-23 15:06)
 思い通りになることが多過ぎて (2017-10-13 11:48)
 2つの甲斐 (2017-10-11 11:04)
 さらば、お上がり! (2017-10-04 11:35)
 マロの独白(31) 祝!大主人様 (2017-09-25 19:37)
 殺人トング? (2017-09-23 12:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
さらば青春の聖地
    コメント(0)