温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年01月05日

大胡温泉 「三山の湯 旅館 三山センター」⑪


 “初湯” を浴んで来ました。

 2日から仕事をしていたため、なかなか自由になる時間が取れなかったのであります。
 今日は朝から、予定が入ってない!
 よし、では、ひとっ風呂浴びて来るか~!!
 と、車を走らせました。

 向かったのは、我が家から一番近い温泉(日帰り温泉施設を除く)。
 ご存知、市街地の中の秘湯 「大胡温泉」 であります。

 そうです!
 昨年暮れに群馬テレビ 『ぐんまトリビア図鑑』 の特番 「温泉ライター小暮淳の素顔」 のロケ地となった一軒宿の旅館です。
 「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」
 の後に続いた女将さんの第一声は、
 「小暮さん、スゴイ反響よ! いまだに、テレビ観たよって言うお客さんが来るわよ」

 なんでも放送後、焼きまんじゅうの売り上げが飛躍的に伸びたとか。
 番組を観た人は、必ず食して帰るそうです。


 まだ午前中なのに、浴室には先客が。
 「家の近くにも日帰り温泉はあるけど、やっぱり湯がいいから、ここに来るんさね」
 と、桐生から来たという年配の男性。

 一時、神経痛やリウマチを治す “奇跡の井戸水” と騒がれ、埼玉や東京方面からも浴客が詰めかけたこともある温泉です。
 僕もたびたび、新聞や雑誌、著書で、その摩訶不思議な効能について書いてきました。
 今日も、そのジーンと骨の髄まで染み渡るガツン系の浴感を存分に堪能してきました。


 湯上がりは、もちろん 「焼きまんじゅう」 でしょう!
 八丁味噌と西京味噌をブレンドした味噌だれは、香ばしくって一度食べたら忘れられません。
 おまけに、1串に5個も付いて、なんと200円!
 だもの、人気があります。

 さ、初湯も済ませたことだし、今夜は “初宴” に出かけるとしますか!
  

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 老神温泉 「金龍園」② (2017-12-15 18:51)
 下仁田温泉 「清流荘」⑩ (2017-11-29 12:53)
 川原湯温泉のゆくえ④ (2017-11-24 12:27)
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)
 下仁田温泉 「清流荘」⑨ (2017-10-21 11:47)
 法師温泉 「長寿館」⑧ (2017-10-19 14:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大胡温泉 「三山の湯 旅館 三山センター」⑪
    コメント(0)