温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年01月14日

伊香保温泉 「金太夫」


 寒波襲来!

 またしても、雪舞う温泉地へ出陣でありました。
 前橋市街地から、車でわずか30分の距離。
 でも榛名山中腹の温泉街は、雪、雪、雪また雪の銀世界でした。


 「金太夫(きんだゆう)」 といえば、ご存知、伊香保を代表する老舗旅館であります。
 江戸時代の伊香保には石段街の左右に “大屋” と呼ばれる温泉の権利を持つ14軒の温泉宿がありました。
 延享3年(1746) 徳川九代家重の時代に、12軒の大屋に、それぞれ十二支が名づけられました。
 その時、「寅」 を授けられた旅館が金太夫です。

 300年近い歴史を持つ老舗旅館ですが、現在は経営が変わり、リーズナブルなホテルとして温泉好きの庶民に親しまれています。
 さすがに以前と比べると、老舗の風情と情緒は薄れてしまいましたが、“湯” は今も健在です。
 湯量豊富な伊香保独得の 「黄金(こがね) の湯」 が、内風呂や露天、貸切風呂で惜しみなくかけ流されていました。


 金太夫には、特別な思い入れがあるのです。
 もう、20年近くも昔のことだと思います。
 長女と長男が、小学生でしたからね。
 数少ない、家族で泊まった宿の1つです。

 「あっ、やっぱり、そうだ! ここだよ、ここ!」

 7階にある展望露天風呂に入った途端、記憶が鮮明によみがえってきました。
 昨年、結婚した長男と、遠い昔に男同士で入った記憶です。
 その時、何を話したのかは、思い出そうとしても思い出せません。
 それでも、息子のちっちゃな体と笑顔だけは、ありありと湯の中で浮かび上がってきます。

 いつかまた、息子とこの湯に入りに来よう!
 ヤツの子どもが、もし男の子だったら、孫と三代で入ろうじゃないか!
 その時は、じいちゃんが、温泉のウンチクを語ってやるぞ!

 「へー、じいちゃんって、温泉のこと詳しいんだね」

 あの頃の息子と、よく似た笑顔に、自慢してやりたいものです。


 なんて考えながら入っていたら、ついつい長湯になり、のぼせてしまったとさ……。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 四万温泉 「はつしろ旅館」 (2017-07-30 19:52)
 野栗沢温泉 「すりばち荘」④ (2017-06-22 21:20)
 丸沼温泉 「環湖荘」④ (2017-05-24 12:08)
 川場温泉 「悠湯里庵」④ (2017-05-17 21:26)
 上牧温泉 「辰巳館」⑦ (2017-04-26 14:33)
 千年湯めぐり (2017-03-30 18:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
伊香保温泉 「金太夫」
    コメント(0)