温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年01月21日

画家18年生


 <画風(スタイル) や描き方の変化、それは単なる表現手段の変化なのか、描くことへの思考の変化なのか、それともその両方なのか。久保繁の作品がどう変化し、どう回帰し、どこへ向かっているのか……。画廊主> 個展DMより


 1999年、春。
 僕らは、ベトナムを旅した。
 僕らとは、僕と久保繁。

 彼は小学校~中学校の同級生。
 卒業後は別々の人生をたどり、音信もまったく途切れていた。
 再会は偶然だった。
 居酒屋のカウンターで、23年ぶりに顔を合わせた。
 そして、その日以来、何かに付けて公私を共にするようになった。


 あの頃、僕はすでにフリーのライターでしたが、彼はまだ会社に勤めるデザイナーでした。

 「日本に帰ったらどうする?」
 「オレは、個展を開く」
 「じゃあ、オレも本を書くよ」

 メコンデルタのほとりで交わした約束は、その年の秋に実現された。
 彼はデパートで人生初の個展を開き、僕は 『ヨー!サイゴン』 という本を書き下ろした。
 画家、久保繁の誕生の瞬間でした。

 あれから18年。
 彼は前橋と逗子(神奈川県) にアトリエを構える画家として、精力的に海外を旅しながら、国内各地で絵画展を開いています。
 そんな彼の、新春恒例の個展が、今年も今日から始まりました。
 昨晩、オープニングレセプションが開催され、僕も旧友としてお祝いに駆けつけました。


 「画風の変化は、心の変化か?」
 「いや、ただなんとなくさ」

 18年前に南国で見せた笑顔と変わらぬ笑顔で答えた彼。
 でも、あの頃の僕らは、まだ40歳になったばかりでした。

 「もう、あの灼熱の中を旅する体力はないな」
 「ああ、もうすぐ還暦だもの」

 「のんびり、やりましょう」
 「好きなように、今までどおりに」



      久保 繁 展 ~南国思考~

 ●会期  2017年1月21日(土)~29日(日)
       10:30~19:00 (24日火曜休廊)
 ●会場  画廊すいらん
       前橋市文京町1-47-1 TEL.027-223-6311
 

同じカテゴリー(ライブ・イベント)の記事
 暮れ展、はじまる。 (2017-11-20 14:12)
 群馬定食&オリジナルスタンプ (2017-11-08 11:38)
 夏だ! 祭りだ! 老神温泉 (2017-08-04 23:24)
 夏だ! ライブだ! 四万温泉 (2017-07-27 11:24)
 四万ライブ 参加アーティスト募集中! (2017-06-15 15:33)
 牧水~あくがれのみなかみ (2017-06-10 11:25)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
画家18年生
    コメント(0)