温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年02月12日

おかげさまで7周年


 「ブログ、最初から読んでます」
 そう声をかけてくださる人が、時々います。
 「最初からって、開設した第1話からですか!」
 と、僕のほうが驚いてしまいます。

 このブログを開設したのは2010年2月13日ですから、明日で、ちょうど丸7年になります。
 今日現在の記事総数は、1,965話。
 我ながら続いていると思います。
 でもブログなんて、読まれてナンボですからね。
 読者あっての著者なのです。
 ひとえに7年間も続けてこられたのは、みなさま、読者様のおかげであります。

 いつも、ごひいきにしていただき、ありがとうございます。
 心よりお礼を申し上げるとともに、大変感謝しております。


 さてさて、7年とひと口で言っても、やはり長いのであります。
 その年に生まれた孫が、今年の春から小学1年生になるくらい長いのです。
 おかげさまで読者様に助けられ、たくさんの仕事を世に残すことができました。

 この7年間に、温泉シリーズ7冊と登山本1冊の計8冊の著書を出版することができました。
 そのほか、講演会やセミナー、講座、イベント、ライブなどに多数呼ばれ、このブログを通して出会った人たちもたくさんいます。
 また、テレビやラジオの出演、新聞や雑誌からの取材も、ほとんどが、このブログが縁で舞い込んで来た仕事です。

 なかには、雑誌の編集長がコラムで取り上げてくださったり、新聞記者が記事でブログの紹介をしてくれたこともありました。
 極めつけは、やっぱり直木賞作家の故・邱永漢先生との出会いでしょうか。
 なんでも先生が、このブログを読んでくださっていたということから事務所より連絡があり、1年間にわたり先生のコラムサイトに連載をさせていただきました。


 “たかがブログ、されどブログ”
 たくさんの出会いを生んでくれたこのブログを、これからも大切に育てていきたいと思います。

 今後とも末永く、お付き合いのほど、よろしくお願いいたします。
 

同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 おかげさまで2,000話達成! (2017-04-29 20:42)
 終わりのない旅が終わるとき (2017-04-05 11:16)
 おかげさまで70万アクセス (2017-03-10 12:20)
 新連載スタート! (2016-12-01 21:26)
 おかげさまで1,900話 (2016-10-22 12:38)
 oh!コーエツ !! (2016-10-17 20:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
おかげさまで7周年
    コメント(0)