温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年03月30日

千年湯めぐり


 歴史の古い温泉場のことを “古湯(ことう)” といいます。
 では古湯とは、どのくらいの起源なのでしょうか?
 ものの本によれば、それは奈良・平安時代からの開湯が伝わる温泉場とあります。
 別名 「千年湯」 と称される由緒正しき歴史を持つ温泉場のことだそうです。


 今週は、2つの古湯をめぐってきました。

 野沢温泉(長野県) を訪ねるのは、5年ぶりのこと。
 僕が講師を務める野外温泉講座で行ってきました。
 前回は、外湯(共同湯) のあまりの熱さに肩まで沈めず、ほうほうのていで逃げ帰った記憶があります。
 今回は、そのリベンジであります。

 野沢温泉の開湯は、奈良時代の高僧・行基によると伝わります。
 のち江戸時代初期(寛永年間) に、飯山藩主の松平遠江守が別荘を建て、浴場や宿を整備し、湯治場として利用されるようになったとのことです。


 温泉街の中心で威風を放つ 「大湯」 は、野沢温泉のシンボルです。
 浴室に入って手前が “ぬる湯”(約45℃)、奥が “あつ湯”(約48℃)。
 どちらも熱いのですが、とりあえず前回同様なんとか、ぬる湯はクリア!

 「先生、男の子だろ!」
 「我々に手本を見せてくれなくっちゃ!」
 受講生らに叱咤激励されながら、初のあつ湯に挑戦です。

 「う、う、うううーーーーー!!!!」
 水道の蛇口を全開にしながら、なんとか肩まで浸かりました。
 「1、2、3、4……。ダメだぁ~!」
 10カウント数えることなく、ギブアップ。
 それでも5年ぶりに、雪辱を晴らしたのでありました。



 今日は朝から四万温泉(群馬県中之条町) へ行ってきました。
 5月から始まる新連載の取材です。

 四万温泉の開湯は、永延3年(989) と伝わります。
 伝説では、源頼光の四天王の1人、日向守碓氷貞光という武将が夢のお告げにより 「御夢想の湯」 を発見しました。
 四万の病を癒やす湯であることから、この地を 「四万の郷」 と名づけたといいます。

 ま、僕にとって四万温泉は過去に本も書いているし、ホームグランドのような温泉地であります。
 今さら取材もないのですが、やはりそこは “現場百遍” のライター魂がうずくのであります。
 最新の情報を得るために温泉協会を訪ね、担当職員とともに温泉街をロケしてきました。

 もちろんカメラマンも一緒ですから、毎度おなじみの入浴シーンの撮影もしっかり押さえました。
 町営の日帰り入浴施設 「四万 清流の湯」 の露天風呂からは、その名のとおり、蒼く澄み切った四万川の流れを眺めながらの湯浴みを堪能してきました。


 <ここには、青く澄んだ川の流れと、こんこんと湧き出す豊潤な温泉、そして何百年もの間、湯とともに暮らしてきた素朴な人たちが生きています。(中略) 「何もない」のではなく、「湯がある」 ことへの畏敬の思いが、変わることのない四万温泉を守り継いでいるのです。> 『あなたにも教えたい四万温泉』 より
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 野栗沢温泉 「すりばち荘」④ (2017-06-22 21:20)
 丸沼温泉 「環湖荘」④ (2017-05-24 12:08)
 川場温泉 「悠湯里庵」④ (2017-05-17 21:26)
 上牧温泉 「辰巳館」⑦ (2017-04-26 14:33)
 伊香保清遊 ~詩人が愛した石段街~ (2017-03-24 19:27)
 あれから6年、大胡温泉。 (2017-03-11 20:47)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
千年湯めぐり
    コメント(0)