温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年04月06日

ひとり祝い酒


 つくづくライターとは、孤独な職業だと思います。
 天職だと思うこともありますが、もしかしたら、さびしん坊の僕には向かない職業なのかもしれません。

 “本を著する” という一見、派手な部分もありますが、でも全体の作業からみたら、ほんの数パーセントです。
 90%以上は、日々取材と執筆に追われている実に地味な作業の積み重ねなのです。
 「ああ、報われたい! 早く楽になりたい!」
 そんな悲鳴とも嘆きにも似た心の叫び声を上げながら、一年のほとんどを過ごしています。


 昨日、最後の原稿を入稿しました。
 喜びよりも脱力感のほうが大きく、そんな自分を一分一秒でも解放してあげたい衝動に駆られます。

 自分を褒めてあげたい?
 いえいえ、褒めるには早過ぎます。

 本を作り、世に出すという仕事は、これからが肝心要の本番なのです。
 制作の順番として、著者だけが “イチ抜け” したに過ぎないのです。
 デザイナーは今、ねじり鉢巻で、頭から湯気を上げながらデザインと格闘しているはずです。
 ディレクターは、出版社と印刷会社の間に立って、今後の段取りに奔走しているはずです。
 担当編集者は、表紙や帯のコピーやデザインを模索していることでしょう。


 先日、“Xデー” が発表されました。
 Xデーとは、新刊本の発行日のことです。
 もう、泣いても笑っても2ヶ月を切りました。
 その日が来れば、楽しい楽しい打ち上げ会や出版記念パーティーなどが目白押しです。

 でも、でもでもでも~! その日まで待てないのです!
 頑張った自分にご褒美を!!
 今すぐ捕らわれの身から解放を!!

 ということで僕は昨日、日の明るいうちから、いそいそと家を出たのであります。
 向かったのは、もちろん馴染みの酒処 『H』。

 「終わらない旅、ご苦労さま」
 カウンターに座るやいなや、すでにブログをチェックしていたママが、そう言って、おしぼりを手渡してくれました。
 「カンパ~イ!」
 居合わせた常連客とのいつもの乾杯ですが、僕にとっては格別に五臓六腑へ染み渡るのであります。

 「ふぅ~!」
 ため息混じりに、飲み干した生ビールのグラスを置くと、
 「お疲れさまでしたね」
 と、ママの笑顔が受け止めてくれます。
 すると、全身をガッチガチに覆っていた鎧(よろい) のような緊張感が、まるで魔法が解かれるようにユルユルと消えてゆくのであります。


 「ジュンさん、次の本、いつ出るの?」
 「また買うからね!」
 常連客の言葉に、すべての苦労が報われていきます。

 孤独な職業だけど、僕自身は孤独とは無縁なのであります。
 ひとり祝い酒のつもりが、気が付いたら、いつもと変わらない賑やかな酒になっていましたとさ……。

 よーし、明日からまた頑張るぞっと!

 

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 それぞれの出発(たびだち) (2017-11-09 12:09)
 幻に始まり、幻に終わる。 (2017-10-09 15:59)
 月に酔う 酒に跳ぶ (2017-10-05 19:00)
 赤兎馬に酔う夢のつづき (2017-09-17 23:01)
 七夕の夜風を切って救急車 (2017-07-09 17:30)
 なぜにあなたはHへ行くの? (2017-06-29 14:54)

この記事へのコメント
マロパパ先生 おめでとうございます☆彡
Xdayの公式発表を楽しみにしています。また、近所の本屋さんに注文にいきま~す。
こちら、「晴耕雨読」で(夫は日本酒ですが)、「センセイの脱稿をお祝いして、カンパ~イ♪」
Posted by ムク at 2017年04月07日 19:17
ムクさんへ

ありがとうございます。
これで、またムクさんの蔵書が増えますね。
群馬の温泉通になること間違いなし!
Xデーは5月中旬の予定です。
詳しくは、公式発表されてから報告します。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2017年04月08日 12:16
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ひとり祝い酒
    コメント(2)