温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年05月21日

本妻と愛人


 「えっ、それじぁ~、愛人と暮らしているんですか!?」


 先日の出版記念祝賀会の宴席でのことです。
 僕は各テーブルを回り、来賓の方たちに酌をしていました。

 「会長は、何をお飲みですか?」
 「ウーロン茶」
 「ウーロン茶? 冗談でしょう?」

 某会長のOさんとは、長い付き合いになります。
 業界では有名な酒好き、酒豪で通っている人物であります。

 「そんな会長は、初めてですよ。なんでですか?」
 「……うん、……クルマで来ちゃったから……」
 「だったら泊まればいいじゃないですか!」
 「……う~ん、明日、早いんだよなぁ~……」

 これ以上、無理じいはできません。
 「残念です。今夜は会長とトコトン飲めると思ったんですけど」
 とかなんとか言って、場を去ろうとした時です。
 ポツリと小さな声が聞こえてきました。

 「飲んじゃおうかな……」

 「えっ、今、なんて、おっしゃいましたか?」
 「お祝いの席だものね。やっぱり、飲みましょう!」
 ということで、まわりの来賓客たちにも勧められ、Oさんは、いきなりコップで冷酒を飲み出しました。


 「小暮さんはさ、こんだけ温泉をめぐっていると、温泉と結婚したようなものですね」
 とは、同席していた某観光関係者。
 「ですね。さしずめ温泉が本妻で、酒が愛人ってとこですか!」
 そう言って、座の笑いをとったのであります。

 するとOさん、いわく、
 「俺は、完全に酒と結婚しちゃったな」
 これまた爆笑であります。

 だから僕は、すかさず、こう言ってやりました。
 「ていうことは、愛人宅で暮らしてるっていうことですね!」
 何を隠そうOさんは、有名温泉旅館のご主人なのです。


 僕は、温泉が本妻で、酒が愛人。
 Oさんは、酒が本妻で、温泉が愛人。

 さて、どちらが世の男性にとって、うらやましい存在なのでしょうか?

 その答えを探しにOさんと僕は、宴のあと2次会と称し、伊香保の温泉街へと繰り出したのであります。


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 今日の日経新聞 (2017-08-03 09:36)
 なぜか今、オンパラなのだ! (2017-06-24 12:14)
 3つの温泉地の3つの温泉宿 (2017-03-21 13:42)
 まだ見ぬ読者へ (2017-03-13 12:11)
 湯神様に感謝! (2017-01-31 11:20)
 温泉天国 ・ 群馬につかる (2017-01-10 14:38)

この記事へのコメント
今日、煥乎堂で買ってきました、金銀名湯伊香保温泉\(^o^)/
入口入ってすぐに平積みされてました
もしやと思ってあたりを見回しましたが、著者はいませんでした
Posted by 森のくま at 2017年05月21日 23:17
森のくまさんへ

早くも、お買い上げ、ありがとうございます。
1日違いのニアミスでしたね。
実は今日、煥乎堂に行きました。
おっしゃるとおり、入口に入ってすぐの所に、平積みされていましたね。
著者冥利に尽きる光景でした。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2017年05月22日 22:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
本妻と愛人
    コメント(2)