温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年05月24日

丸沼温泉 「環湖荘」④


 <沼のへりに沿うた小径の落葉を踏んで歩き出すと、ほどなくその沼の源というべき、清らかな水がかなりの瀬をなして流れ落ちている処に出た。そして三、四十間その瀬について行くとまた一つの沼を見た。大尻沼より大きい、丸沼であった。>
   (若山牧水 『みなかみ紀行』 より)

 大正11年(1922)10月、歌人の若山牧水は湖畔に投宿し、翌日、金精峠を越えて日光へ向かいました。
 丸沼が、『みなかみ紀行』 最後の宿泊地であります。


 開湯は江戸時代と伝わります。
 古くから沼の北方に温泉が湧いていることは知られていて、地元では 「沼入りの湯」 と呼ばれていました。
 いつ誰によって発見されたかは不明ですが、宿として創業は昭和8年(1933)。
 「丸沼温泉ホテル」 として開業されました。
 それ以前は、この沼の持ち主の別荘として使われていたといいます。

 昨日、僕は2年半ぶりに丸沼温泉(群馬県利根郡片品村) の一軒宿 「環湖荘(かんこそう)」 に行って来ました。
 前回は著書の取材でしたが、今回は僕が講師を務める野外温泉講座の受講生たちと訪ねました。
 標高1,430メートル。
 下界では連日の真夏日ですが、宿のまわりには、まだ雪が残っていました。


 それにしても美しい!
 相変わらず美しい!
 なんて美しいのだろう!!

 と、今回もただただ感動してきました。
 もちろん、日光国立公園に指定されている神秘的な湖も美しいのですが、なんと言ってもここの素晴らしさは、“湯の美しさ” です。

 毎分300リットル、自然湧出、自然流下、完全放流式により湛えられた温泉は、まさに湧き水のように清く澄み、惜しげもなく川のように浴槽の中を流れていきます。
 これぞ、単純温泉の鑑!
 そのけれん味のない、生真面目な湯に包まれていると、俗世間の気忙しさなど、洗い流されて行くのです。

 単純温泉を語るなら、まずは丸沼の湯に入ってから!
 群馬県内でベスト10入る、僕の愛すべき温泉の1つであります。


 もちろん、湯上がりには恒例の儀式が待っています。
 受講生らとともに、しばし下界の暑さを忘れ、高原の涼風に吹かれながら乾杯をしました。

 
 
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 法師温泉 「長寿館」⑧ (2017-10-19 14:22)
 伊香保温泉 「よろこびの宿  しん喜」② (2017-10-01 17:27)
 塩原元湯温泉 「大出館」 (2017-09-27 14:16)
 下仁田温泉 「清流荘」⑧ (2017-09-21 19:30)
 霧積温泉 「金湯館」⑦ (2017-08-23 12:46)
 老神温泉 「観山荘」② (2017-08-21 19:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
丸沼温泉 「環湖荘」④
    コメント(0)