温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年05月28日

病気と寿命は別のもの


 昭和2年(1927) 5月27日生まれのオフクロが、昨日、無事に “卒寿” を迎えました。
 ささやかながら、誕生パーティーを開きました。

 パーティーといっても、集まったのは両親とアニキと僕の4人だけです。
 オフクロの好きなチーズケーキを食べながら、紅茶で乾杯をしました。

 「90歳、おめでとう」
 「ありがとうございます。とっても幸せですよ」
 「まさか、オフクロがこんなに長生きするとはね?」
 「本当だね。神様は何で私をここまで生かしてくれたんかね?」
 「なんか、意味があるんだよ。きっと」

 その意味なら僕もアニキも、とっくに知っています。
 “まだ親孝行が足りないから” なのであります。


 以前にも何度かブログに書きましたが、オフクロは若い頃から 「病気のデパート」 と親戚から揶揄されるくらい病弱で有名でした。
 乳ガン、子宮ガン、脳梗塞、脳出血……と、何度も生死をさまよいながら生きてきた人です。
 誰もが短命だと思いながら、今日まで接してきました。
 そのオフクロが、卒寿を迎えることができたなんて、奇跡中の奇跡だと、僕とアニキは心底思っています。

 「病気と寿命は別ものなんだよ」
 これがオフクロの口ぐせです。
 決して順風満帆な人生じゃなかったけど、そして今も五体満足な生活じゃないけれど、オフクロはオフクロなりに精一杯生きています。

 何よりも毎日ベッドの上で、オヤジや息子たち、孫、ひ孫たちのことを心配してくれています。


 「生きているだけで、何もできなくてごめんなさいね」
 オフクロの、その言葉が来年も聞けますように……。
 もう少し、親不孝な息子でいたいと思います。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 マロの独白(29) 散歩指導犬 (2017-08-14 16:12)
 見えるって、いいね。 (2017-08-10 12:58)
 青春が終わらないもどかしさ (2017-08-08 11:14)
 蚊取り線香とうちわと23年目の夏 (2017-08-06 14:33)
 母でなく祖母でなく曾祖母でもなく (2017-07-24 14:41)
 マロの独白(28) 老いても主人に従え (2017-07-17 14:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
病気と寿命は別のもの
    コメント(0)