温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年06月05日

絶景の天空遊覧を楽しむ


 今朝、朝刊を開いて驚いた!

 上毛新聞、18面(最終面)。
 でかでかと、拙著新刊の広告が載っていました。
 もちろん、著者といえども初めて見る広告です。

 “絶景の天空遊覧を楽しむ”

 最初に目に飛び込んで来たのは、このキャッチコピー!
 そして、青い空に浮かぶ温泉街と緑の山稜。


 <言わずと知れた群馬の名湯。春夏秋冬、多くの観光客が訪れる。だが、案外知られていない面もある。「黄金(こがね)の湯」「白銀(しろがね)の湯」と命名された金銀に輝く源泉もその一つ。> 

 リード文の隣には、『金銀名湯 伊香保温泉』 の表紙が、伊香保嶺(榛名山) の山肌に立てかけられています。

 <東京オリンピック・パラリンピックを見据え、伊香保はますます進化する。首都圏からのアクセスも良いメダル色に輝く湯につかって絶景の天空遊覧を楽しむ贅沢。>


 つくづく本というものは、たくさんの人の手により世に送り出されているのだと思いました。
 決して著者一人の力では、成し得られない総合作品なのであります。

 取材と文章までは、僕が担当します。
 でも、そこから先は、それぞれの分野のプロに託すことになります。
 ディレクターがいます。
 カメラマンがいます。
 デザイナーがいます。
 印刷・製本技師がいて、出版・制作・営業担当者がいて、直接読者に本を売ってくださる書店員さんがいます。

 新聞広告を見ていたら、たくさんの人の顔が次から次へと浮かんできました。


 広告には、僕が今回取材した44軒すべての旅館・ホテル名が掲載されています。
 その一つ一つの名前を読み上げるたびに、お世話になったご主人や女将さん、支配人たちのことを思い出します。

 たかが1冊の本ですが、たくさんの人の思いが込められているのです。

 ぜひ一度、手に取ってご覧ください。
 そして湯の舟に乗って、絶景の天空を舞う遊覧をお楽しみください。
 




 
 

同じカテゴリー(著書関連)の記事
 あと3日間、フェア開催中! (2017-06-08 15:40)
 整理券をゲットせよ! (2017-05-30 10:38)
 紀伊國屋書店でフェア開催! (2017-05-26 20:12)
 最新刊 『金銀名湯 伊香保温泉』 いよいよ発売! (2017-05-11 11:27)
 松本は今日も晴れだった (2017-04-23 21:28)
 いよいよシリーズ第9弾! (2017-01-20 14:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
絶景の天空遊覧を楽しむ
    コメント(0)