温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年06月13日

湯の旅へ <草津~川原湯~沢渡>


 取材でもないのに、思わぬ湯の旅へ出かけてきました。

 近々、中之条町(群馬県吾妻町) で講演会があるため、昨日は主催者との打ち合わせに行ってきました。
 来月から 「中之条町歴史と民俗の博物館 ミュゼ」 で開催される企画展 「世のちり洗う四万温泉」 の関連事業として、僕が文化講演をすることになりました。

 打ち合わせの後、会場となる 「中之条町ツインプラザ交流ホール」 の下見をして、その足で草津温泉へ向かいました。


 前乗り前泊というやつです。
 翌日早朝よりテレビロケがあるため、夜までに指定されたホテルにチェックインしました。
 午後9時半、ディレクターとホテルの部屋で打ち合わせの後、昨晩は早々に就寝。

 今朝は午前5時半に、ロケ隊と共にホテルを出発。
 西の河原で旅人(若手俳優のWさん) と僕が出会い、「御座之湯」 にて入浴シーンの撮影がスタート!

 基本、撮影でもタオルを巻かない僕に、
 「小暮さん、脚を閉じてください。見えてます」
 と、ディレクター(女性) に注意されて、思わず赤面!


 昼前、ロケ隊一行はグルメレポートの撮影のため、僕は別行動に。
 午後の撮影まで時間があるので、草津から離れ、川原湯温泉(群馬県吾妻郡長野原町) へ。
 八ッ場(やんば)ダム建設のため、3年前に新天地へ移転した温泉地です。
 思えば僕は、移転後、まだ川原湯温泉へ行ってませんでした。
 新しくなった共同浴場の 「王湯」 に立ち寄り、ザブン と一浴。


 午後3時、沢渡温泉(群馬県吾妻郡中之条町) にて、ふたたびロケ隊と合流。
 共同浴場にて、撮影開始!

 今回の旅のテーマは、“草津のなおし湯”。
 旅人に、草津温泉の湯と沢渡温泉の湯の違いを説明し、実感してもらいました。


 なんとも長い2日間でした。
 さすがに1日で3つの温泉に入ると、湯疲れをしてしまいます。
 でも久々のテレビロケに参加して、改めて群馬の温泉の素晴らしさを確認しました。

 番組名や放送日については、後日、お知らせいたします。
 

同じカテゴリー(テレビ・ラジオ)の記事
 毎度お馴染みの 「G☆FORCE」 詣で (2017-06-21 13:44)
 ライフスタイルの提案 (2017-05-01 21:46)
 トリビアを探せ! (2017-02-19 12:08)

この記事へのコメント
お久しぶりです。毎日、楽しみにブログ読ませていただいています。 今回は草津、川原湯、沢渡との事。私にとっても好みの温泉地です。草津の共同浴場には大変お世話になっていますし、沢渡の○○○やさんのお蕎麦も美味しいですよ。それ程遠く無い所には小暮さんと奥様の若き思い出の温泉地も確か‥[?]私の勘違いだったかな?
では番組を楽しみにしています。 
Posted by 水上のなべちゃん at 2017年06月14日 19:40
水上のなべちゃんへ

いやはや、マニアックなネタですね。
それだけ本を熟読してくださっているということですね。

はい、それは松の湯温泉の一軒宿 「松渓館」 です。
当時、僕も家内も20代でした。
はるか遠い記憶の奥に眠っている思い出の1コマであります。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2017年06月14日 23:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
湯の旅へ <草津~川原湯~沢渡>
    コメント(2)