温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年07月01日

不労死がコワイ!


 最近、“過労死” という言葉を目にするようになりました。
 いわゆる働き過ぎにより死にいたる日本人が、急増しているとのこと。

 でも日本人って、昔から働き過ぎって言われていましたよね。
 なぜ、ここにきて……と思うのですが、要は、それにより死んでしまう人が増えたということです。
 なんだか、子どものいじめの世界と似通っていませんか?

 「そんなに辛かったら、会社を辞めちゃえば!」
 が通用しない人たちなんですね。
 真面目な人ほど、我慢し続けて体調をくずしてしまう。
 中には、うつ病を発症して、自殺へ追い込まれるケースも……。


 厚生労働省が、「過労死ライン」 というのを発表しています。
 これは勤務時間外の業務が月80時間を超えて、脳卒中や心疾患を起こした場合、労災認定されるという目安です。
 80時間といったら、平日4時間以上の残業ということになります。

 日本のサラリーマンは、半分以上が 「過労死ライン」 を超えていそうです。


 でもこれって、フリーランスの世界では、まったく通用しない目安ですよ。
 まず、“勤務時間内” と “勤務時間外” の区別がありません。
 24時間、365日無休ですからね。

 だったら、いつ休んでいるのかって?
 はい、仕事が無いときです。
 ずーーーっと無ければ、ずーーーっと休みであります。

 だから 「働き過ぎ」 と言われるほど仕事がある人が、ちょっぴり、うらやましかったりします。
 だって僕らフリーランスは、過労死よりも “不労死” のほうが怖いんですから!

 ま、それを百も承知で、自ら飛び込んだ世界なんですけどね。


 働き過ぎのみなさん、命あっての人生ですぞ!
 ご自愛くだされ。
  

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 憧憬と焦燥 (2017-11-18 23:25)
 マロの独白(33) くっつき虫に御用心! (2017-11-16 18:49)
 特殊任務遂行指令 「HHS」 (2017-11-13 19:37)
 「いまに見ていろ!」 の今 (2017-11-06 12:13)
 遺伝子のバトン (2017-10-31 11:36)
 マロの独白(32) 寝る爺は育つ (2017-10-23 15:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
不労死がコワイ!
    コメント(0)