温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年07月07日

モナリザとQちゃん


 なんと! 約30年ぶりにソニーが、レコードの自社生産を再開するそうです。

 なんでも我々のようなレコードを聴いて育った世代だけでなく、若い世代にも人気が広がっているんですってね。
 CDよりも、音がやわらかいとか、やさしいとか……。
 僕なんて、CDが登場したときには、「便利だ~!」 って感動しましたけどね。

 “原点回帰” でしょうか?
 最近は若い人たちに、フィルム式のインスタントカメラも人気なんだとか。
 “便利” が、つまらなくなってきたんでしょうかね。

 確かに、音楽も写真も、昔はありがたみがありました。
 手間ひまかけた分、大切に大切に扱っていた記憶がありますもの。


 ところでレコードの話になると、必ず出てくるのが 「最初に買ったレコードって、なんだった?」 ですね。
 これによって年齢や時代が判ってしまうのですが、ズバリ! 僕の場合は、ザ・タイガースの 『モナリザの微笑み』 でした。
 小学校の5年生だったと記憶しています。

 ま、僕には7歳年上のアニキがいますからね。
 物心がついた頃には、我が家にレコードプレーヤーがありました。
 加山雄三とか、ベンチャーズのレコードは、すでにあったわけです。

 初めて、お年玉で買ったタイガースのレコード……
 もちろん、今でも大切にとってありますよ。


 でもね、古くは、ソノシートなんていうのがあったんですよ。
 そう、レコードみたいに硬くなくて、下敷きみたいにペニャペニャなやつです。
 子ども向けのレコードは、みんなソノシートでした。

 で、最初に親に買ってもらったソノシートは何かというと、「オバケのQ太郎」 だったと記憶しています。

 さすがに、ソノシートは残っていませんが、レコードはすべて残っています。

 今でも聴けるのかって?

 はい、実家には、僕とアニキのコレクションがあり、いつでもレコードを鑑賞することができます。
 でもね、やっぱり、不便なんです。
 針も飛びますしね。
 ま、そこがレコードの良さなんでしょうけど……。


 あなたが最初に買ったレコードは、なんですか?
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 憧憬と焦燥 (2017-11-18 23:25)
 マロの独白(33) くっつき虫に御用心! (2017-11-16 18:49)
 特殊任務遂行指令 「HHS」 (2017-11-13 19:37)
 「いまに見ていろ!」 の今 (2017-11-06 12:13)
 遺伝子のバトン (2017-10-31 11:36)
 マロの独白(32) 寝る爺は育つ (2017-10-23 15:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
モナリザとQちゃん
    コメント(0)