温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年07月19日

湯けむり浪漫 vol.2


 老神温泉大使からのお知らせです。

 「グラフぐんま」(企画/群馬県、編集・発行/上毛新聞社) の最新刊、6・7月号は、もう、ご覧になりましたか?
 5月から連載が始まった 『ぐんまの湯けむり浪漫』 のシリーズ2回目は、群馬の名薬湯として知られる老神温泉(沼田市利根町) であります。
 ※(「ろうじんおんせん」ではありませんよ。「おいがみおんせん」です!)


 今回は神が発見したという、いで伝説の真相に迫ります。

 一般に伝わる赤城山の神と日光二荒山の神の戦いは、赤城がムカデで、日光がヘビですが、なぜか老神温泉では話が逆になっています。
 また、近隣に残る 「追貝」 や 「大原」 という地名と伝説の関係とは?

 老神温泉は1つなのに、なぜ “温泉郷” と呼ぶのか?
 なぜ昔から “瘡(かさ) 老神” といわれるのか?
 はたして、“おいがみ” という言葉の真の意味とは?

 数々の謎を解き明かす 「湯けむり浪漫」 の旅へ誘います。
 

同じカテゴリー(大使通信)の記事
 祝! 四万温泉 (2017-12-06 12:49)
 「紅白の湯」 をめぐりませんか? (2017-10-27 14:27)
 四万を語る (2017-10-18 17:58)
 中之条から愛を込めて (2017-10-16 12:52)
 公開生放送のお知らせ (2017-10-06 19:46)
 月夜野のお月見 (2017-09-19 12:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
湯けむり浪漫 vol.2
    コメント(0)