温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年08月23日

霧積温泉 「金湯館」⑦


 <山の宿 泡付くヌル湯の 新鮮さ> by 郡司 勇


 全国でも希少な泡のつく温泉としても知られる群馬の秘湯といえば、霧積温泉です。
 かの伊藤博文や勝海舟らも泊まったという明治17(1884) 年創業の一軒宿、「金湯館」 へ行ってきました。


 「えー、今日の温泉は、源泉の温度が約39度。真夏にうれしい “ぬる湯” の宿です。何よりも、全身があっという間に泡まみれになる大変珍しい温泉です。ぜひ、その妙を楽しんでください」

 昨日は月に一回の野外温泉講座日でした。
 僕は9年前からNHKカルチャースクールで、温泉講座の講師をしています。

 「僕は、ここの湯のことを “サンゴの産卵” と呼んでいます。体毛、とくに陰毛が泡で真っ白になります。それを手で払ってみてください。パァ~と一斉に無数の気泡が飛び散って、まるでサンゴが産卵しているようですよ」

 車中で、笑いが起きました。
 やがてバスは、国道18号沿いのドライブインに到着。
 ここで一行は、すでに迎えに来てくれていた宿のマイクロバス2台に分乗し、山道を登り出しました。
 数日前に土砂崩れがあり、一時は通行止めになっていた道ですが、すでに復旧されています。


 鼻曲山の登山口、旧 「きりづみ館」 跡地の駐車場で、僕らは二手に分かれました。
 そのまま宿へ直行する組と、登山組です。
 僕を含め8名が下車し、伊藤博文らも歩いたといわれる 「ホイホイ坂」 を登って、宿を目指しました。

 徒歩約30分。
 たっぷり汗をかいて、待望の温泉へ。
 受講生一同、噂どおりの泡のつく湯を堪能しました。


 そして事件(?) が起きたのは、湯上がりの昼食タイムでした。
 「みなさん、全身が泡だらけになったでしょう?」
 と僕が受講生たちに問いかけた時でした。
 ほとんどの人が 「ハーイ!」 と答えている中、1人の婦人だけが、「私は付きませんでした」 と言います。

 えっ、そんなことってあるのでしょうか?
 1人だけ、泡がつかないっていうことが?

 「では、“サンゴの産卵” は見られなかったのですね?」
 との僕の問いに、婦人いわく、
 「私、頭髪以外、体毛がないのよ!」

 一瞬、場に静けさが漂い、遅れてドッと笑いが巻き起こりました。


 ま、毛のある人もない人も、存分に満足していただいた秘湯の宿でした。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 下仁田温泉 「清流荘」⑨ (2017-10-21 11:47)
 法師温泉 「長寿館」⑧ (2017-10-19 14:22)
 伊香保温泉 「よろこびの宿  しん喜」② (2017-10-01 17:27)
 塩原元湯温泉 「大出館」 (2017-09-27 14:16)
 下仁田温泉 「清流荘」⑧ (2017-09-21 19:30)
 老神温泉 「観山荘」② (2017-08-21 19:09)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
霧積温泉 「金湯館」⑦
    コメント(0)