温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年09月01日

起承転結の 「結」


 僕は電車に乗るとき、必ず駅の売店で新聞を買います。
 雑誌でも、なんでもいいんですけど、活字を目で追っていないと落ち着かないのです。
 長距離の移動になると、新聞では活字の量が足りませんから、文庫本を持って行きます。

 が、「あれ、忘れた!」 と先日は、家を出てから文庫本を持たなかったことに気づきました。
 東京までの往復約4時間。
 間が持てるわけがありません。
 すぐに、書店に駆け込みました。

 でも、電車の発車時刻まで、あまり時間がありません。
 所要時間は、わずか5分!
 もう、衝動買いしかありません。
 なんでもいいから面白そうな本を……と、店頭の平積みを眺めていると……、真っ先に目に飛び込んできたタイトルが、

 『弘兼流 60歳からの手ぶら人生』(海竜社)

 著者は、漫画家の弘兼憲史さんです。
 『課長島耕作』 や 『黄昏流星群』 などで知られる有名な漫画家ですが、僕のお気に入りは、なんといっても 『人間交差点』 です。
 その昔、全シリーズをコンプリートとし、今でも時々、書庫から引っ張り出して来ては読んでいる “人生のバイブル” であります。

 迷うことなく本を手に取り、レジへ向かい、駅へと急ぎました。


 マイッタ~!

 電車に乗って、ページを開くなり、カウンターパンチを食らってしまいました。
 第1章の第1項から、いきなり <60歳というのは起承転結の「結」に突入する年齢です> と始まるのです。

 <現在の日本人の平均年齢は、男女ともに80歳を超えています。(中略) 物語的に言えば完全に終盤。いよいよ仕上の時の始まりです。> と。

 さすが漫画家らしく、<漫画も人生もエンディングが大事> だと “結末” の大切さを分かりやすく述べています。


 人生を4分割すると、
 生まれてから20歳までが、「起」。
 20歳から40歳までが、「承」。
 40歳から60歳まで、「転」。
 そして、残りの人生が 「結」 ということになります。

 いよいよ僕も来年は、還暦です。
 人生の結末を考える時がきました。

 振り返ってみると、それなりに生きてきたような気がします。

 表現することに目覚めた10代。
 表現することを始めた30代。
 表現を伝えることを知った50代。

 なんとか、起承転結の転までは生きてきました。
 さて、問題は最難関の 「結」 であります。

 終わり良ければ、すべて良し!

 自分は、どうやって、この人生を締めくくるのだろうか?
 と、あれやこれやと考えていたら、電車は東京に着いてしまいました。

 ま、80歳までは、あと20年もありますので、ゆっくり考えることにします。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 マロの独白(32) 寝る爺は育つ (2017-10-23 15:06)
 思い通りになることが多過ぎて (2017-10-13 11:48)
 2つの甲斐 (2017-10-11 11:04)
 さらば、お上がり! (2017-10-04 11:35)
 マロの独白(31) 祝!大主人様 (2017-09-25 19:37)
 殺人トング? (2017-09-23 12:19)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
起承転結の 「結」
    コメント(0)