温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年09月05日

山村文化とアートに触れる旅


 中之条町観光大使および四万温泉大使からのお知らせです。


 いよいよ、今週末から始まります!
 2年に一度、群馬県吾妻郡中之条町の町全体が舞台となる芸術祭「中之条ビエンナーレ」。

 1998年に町営の温泉施設でアーティストが制作しながら暮らすことを始め、2007年には 「中之条ビエンナーレ」 として発展し、アーティストの滞在制作と発表の舞台となりました。
 6回目となる今年は、国内外からさまざまな異なる文化を持つアーティストたち163組(海外より20の国と地域から70組) がこの地に集まり、長期間の滞在制作をこころみます。

 時が止まったままの木造校舎や養蚕農家、文豪たちが愛した情緒ある温泉街など、山村文化が息づく町内各所で、アート作品の展示、演劇、身体表現などのパフォーマンス、ワークショップ、マルシェなどが開催されます。


 下記の6つのエリアで開催されます。

 <四万(しま)温泉エリア>
 「四万の病に効く」 といわれる名湯、四万温泉。幻想的な青い川の流れと古き良き温泉街が舞台。旧第三小学校には多くの作品が並び、期間限定のカフェも登場します。

 <中之条伊勢町エリア>
 JR中之条駅から商店街、ふるさと交流センター 「つむじ」 などを含む中心街のエリア。歩いてまわれる範囲に、多くの作品やショップが集まっています。

 <伊参(いさま)エリア>
 町のシンボルである霊山・嵩山(たけやま) や明治から昭和に建築された木造校舎、国指定重要文化財 「冨沢家住宅」 などがあるエリア。棚田が多く、日本の原風景ともいえる里山の景観が残ります。「日本で最も美しい村」連合に加盟。

 <名久田(なくた)エリア>
 田園風景が広がるのどかな地区。ぬる湯の一軒宿、大塚温泉も近い。

 <沢渡・暮坂(さわたり・くれさか)エリア>
 “草津のなおし湯” として知られる沢渡温泉と、歌人・若山牧水が愛した暮坂峠があるエリア。峠の途中には、体験施設 「花楽の里」 があります。

 <六合(くに)エリア>
 旧六合村の南部・赤岩地区は養蚕が栄えた集落で、伝統的建造物が多く残る地区。六合温泉郷には5つの温泉が湧いています。「日本で最も美しい村」連合に加盟。



        中之条ビエンナーレ 2017

 ●会期  2017年9月9日(土)~10月9日(月・祝) ※期間内無休
 ●時間  9:30~17:00
 ●会場  中之条町内6エリア51ヶ所
 ●料金  パスポート 1,000円(前売800円)、ガイドブック 1,000円
        ※パスポートで会期中は何度でも作品鑑賞可(高校生以下無料)
 ●問合  中之条ビエンナーレ実行委員会事務局 TEL.0279-75-3320


同じカテゴリー(大使通信)の記事
 四万を語る (2017-10-18 17:58)
 中之条から愛を込めて (2017-10-16 12:52)
 公開生放送のお知らせ (2017-10-06 19:46)
 月夜野のお月見 (2017-09-19 12:00)
 石段の街へ、いらっしゃ~い! (2017-09-15 17:39)
 アザレア号、伊香保へ (2017-09-07 10:30)

この記事へのコメント
師匠様と同級生(旧姓・小林さん)の弟(ぴーの同級生)の作品が出品されます。
Codice NB 白を核に美・音・舞のプロジェクト
9月9~10日だそうです。

お兄様の同級生のお医者さんがピーの主治医だったり、温泉つながりで私にもお声がかかるようになりました。
Posted by ぴー at 2017年09月07日 12:46
ぴーさんへ

北イタリアを中心にヨーロッパで活動してきたインスタレーション作家のMakotoさんですね。
会場は沢渡・暮坂エリアの諏訪神社で、9月9日13:00~、10日16:00~と18:00~(入場無料)。
ぜひ、みなさん、お出かけください。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2017年09月07日 22:27
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
山村文化とアートに触れる旅
    コメント(2)