温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年09月07日

アザレア号、伊香保へ


 世界のみなさん、こんにちは!
 伊香保温泉大使から外国人のみなさんに、大変うれしいお知らせです。

 すでに新聞報道等で、ご存知の人もいると思いますが、「アザレア号」 が11月1日から伊香保温泉まで延伸することになりました。

 アザレア号とは?
 成田空港-前橋間を走る高速乗り合いバスです。
 現在、1日10往復していますが、その一部の便が伊香保温泉まで延伸することになりました。


 このアザレア号、群馬県民には、たいへん重宝されています。
 電車のように乗り継ぎもなく、成田空港までの直通便ですからね。
 僕は利用したことはありませんが、息子が海外旅行へ行くたびに利用しているので、いつもバス停まで送り迎えをしています。

 そのアザレア号が、1日1往復とはいえ、毎日運行されるのです。
 「伊香保温泉はインバウンドという点では後発の温泉地。待ちに待った延伸です」と、渋川伊香保観光協会の大森隆博会長も、喜びの声を新聞に寄せていました。

 そうなんです。
 伊香保温泉は他の有名温泉地に比べるとインバウンド(訪日外国人客) の割合が、圧倒的に少ないのです。
 昨年の伊香保温泉の宿泊客数は105万1400人、このうち外国人は約1%の1万880人です。
 これを将来的には全体で140万人まで増やし、外国人客を5%に当たる7万人を目指しているとのこと。

 5%です。
 ちょうど良い割合ではないでしょうかね。
 あまり外国人が増え過ぎて、観光地化が進み過ぎると、温泉情緒が失われてしまいますからね。
 あとは、受け入れる側の姿勢です。
 “郷に入っては郷に従え” で、きっちりと温泉文化を指導していただきたいものです。

 それには我々日本人が、もっともっと温泉について知識を身に付けなくてはなりません。
 温泉のついての 「なぜ?」
 外国からのお客様に、答えられるようにしたいものです。


同じカテゴリー(大使通信)の記事
 祝! 四万温泉 (2017-12-06 12:49)
 「紅白の湯」 をめぐりませんか? (2017-10-27 14:27)
 四万を語る (2017-10-18 17:58)
 中之条から愛を込めて (2017-10-16 12:52)
 公開生放送のお知らせ (2017-10-06 19:46)
 月夜野のお月見 (2017-09-19 12:00)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
アザレア号、伊香保へ
    コメント(0)