温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年09月17日

赤兎馬に酔う夢のつづき


 のんだ、ノンダ、飲んだ!
 よった、ヨッタ、酔った!
 そして、かたった、カタッタ、語った~!!


 昨日は、我がNPO 「湯治乃邑(くに)」 主催による公開パネルディスカッションが開催されました。

 会場には、昨年参加してしてくださった人や新聞などの告知により知って来られた人、また報道関係の人たちにお越しいただき、有意義な2時間を過ごすことができました。
 参加者およびゲストパネラーの方々には、お礼を申し上げます。

 終了後には、「とても楽しかった」 「大変、ためになった」 との感想をいただきました。
 テーマは “湯治の復活” ですが、一朝一夕に解決する問題ではありません。
 今後も、試行錯誤をくり返し、たくさんの方からのお知恵をいただきながら、一歩一歩、夢に向かって進んで行きたいと思います。
 来年も、公開パネルディスカッションを開催いたしますので、引き続き、ご支援ご鞭撻のほどをお願いいたします。


 で、イベントが終われば、恒例の懇親会を兼ねた打ち上げであります!

 でも、予約しておいた高崎駅前の1次会場のオープン時間は、午後5時です。
 主催者スタッフが着いたのは4時半。
 「まだ30分もありますね」
 と理事長である僕が言えば、
 「では、そこのビアホールで、スタッフだけの前祝いをしましょう!」
 と事務局長のA氏。
 「いいですね。0次会ということで」
 と副理事長のT氏も賛同し、高らかに大ジョッキで乾杯をしたのであります。

 1次会には、ゲストパネリストや聴講者らも加わり、賑やかに開催されました。

 「せっかく高崎で飲んでいるんですから、赤兎馬(せきとば) を飲みに行きませんか?」
 と僕。
 「せきとば、って何ですか?」
 とは、ゲストパネラーのF氏。

 読者は、もう、お分かりですよね。
 そう、かつては “幻の焼酎” とまで呼ばれた鹿児島の芋焼酎です。
 僕の大好物であります。

 「ぜひ、飲んでみたいですね」
 のF氏のひと言で、決定!
 2次会場は、馴染みの居酒屋 「T」 となりました。


 「マスター! 来たよ~」

 不義理をして、申し訳ありません。
 本当に、久しぶりであります。
 それでも、満面の笑顔で迎えてくれるマスターに感謝!

 塩もつ煮に赤兎馬のロック
 これが、合うんです!

 「うまいですね。また、この店、来よう」
 とF氏もご満悦であります。


 そして、さらに3次会はT氏行きつけのスナックへ。

 飲んで、酔って、語り続けた一日でした。
 夢のつづきは、いつしか壮大な野望と化していたのでありました。


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 ブリっと、シャブっちゃいました! (2017-11-30 11:58)
 一周年を祝う (2017-11-27 13:42)
 それぞれの出発(たびだち) (2017-11-09 12:09)
 幻に始まり、幻に終わる。 (2017-10-09 15:59)
 月に酔う 酒に跳ぶ (2017-10-05 19:00)
 七夕の夜風を切って救急車 (2017-07-09 17:30)

この記事へのコメント
来年は是非ともお仲間に入れて欲しいな。あまり飲めませんが、その美味しそうな赤兎馬を味わってみたいです。そして群馬の温泉の魅力について小暮先生にたっぷりお話をお聞きしたいと思います。なべちゃんは県内では‥万座温泉の泉質が一番大好きで~す。
Posted by 水上のなべちゃん at 2017年09月19日 21:45
水上のなべちゃんへ

先日は、遠路はるばる高崎の会場までお越しいただき、ありがとうございました。
来年も開催いたしますので、ぜき、ご参加ください。
赤兎馬に酔いしれましょう!
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2017年09月20日 15:19
マロパパ先生 きっと素晴らしいパネルディスカッションだったのだろうなあと想像します♪ その後の赤兎馬も、さぞかし美味しいお酒だったんでしょうね(^^)/ いつか参加したいと願っています。ところで、昨日、テレビ東京で関東の温泉ベスト20!(アド街ック天国)が放送されていましたが、群馬の温泉がいくつも登場していました。猿ヶ京温泉の樋口さんも登場されていて、わお~!と夫と盛り上がりました。樋口さんには、先生のご本を読んで知って,訪れたことがあるんです( ^ω^ ) 思わず、ルンルン←死語?! してしまいました。
Posted by ムク at 2017年09月24日 21:07
ムクさんへ

僕も見ましたよ!
相変わらず、「樋口」の女将さんは美人でしたね。

みなかみ町は他にも、法師温泉、宝川温泉が紹介されました。
そして四万温泉、老神温泉、伊香保温泉と、僕が大使を務める温泉地がオンパレード!
見ていて、うれしくなっちゃいました。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2017年09月25日 18:36
忘れずにおいでいただきまして、ありがとうございます。居酒屋「T」の女房のまちゃ姉です。
先日はちょこっとだけでもお目にかかれて嬉しかったです。

最近は、仕事の忙しさもあり、なかなか店には顔を出せませんが、10月以降はもう少しマスターに協力しようかと思っています。
高崎にお寄りの際は、是非またお待ちしております。
Posted by まちゃ姉 at 2017年10月04日 16:57
まちゃ姉さんへ

しかも、バッタリお会いしたのが 「T」 ではなく、別の店だったというのみ奇遇でしたね。
僕のまわりでは、「赤兎馬を飲みに連れてって」 という人が増えています。
ぜひまた、美酒に酔いに寄らせていただきます。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2017年10月05日 13:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
赤兎馬に酔う夢のつづき
    コメント(6)