温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年09月23日

殺人トング?


 我が家から実家へ行く途中に、話題の惣菜店 「D」 があります。
 この店で食品を購入した人たちが腸管出血性大腸菌O-157に感染し、ついに死者まで出てしまいました。

 すでに閉店しているため、店内はブルーシートに覆われていて、駐車場は閑散としています。
 なのに昨日、1台のタクシーが停まっていました。
 信号待ちで見ていると、タクシーの中からテレビ局の腕章を付けた男性が出てきて、小型のカメラをまわしていました。

 事件は、まだ未解決です。


 “殺人トング”

 ドキッとする見出しが、目に飛び込んできました。
 昨日発売された週刊誌の記事です。

 最初、感染経路はポテトサラダだとされていました。
 ところが亡くなった女児は、ポテトサラダは食べていません。
 食べたのは、「D」 で買った炒め物の惣菜です。
 加熱食品です。

 これにより感染経路の特定は、製造場所から販売場所へと移行しました。
 そして浮上したのが、惣菜を客が取り分ける “トング” です。

 新たな容疑者の出現で、話は二転三転しています。
 「ファミレスのサラダバーは大丈夫なのか?」
 「ホテルのバイキングやビュッフェ形式の宴会・パーティーは?」

 いつしか、トングが悪者扱いです。
 まだ犯人だとは、決まったわけじゃないのにね。
 でも、テレビや雑誌などマスコミは、こぞってトング使用の危険性を報じています。

 疑わしきは、悪ですか?
 疑わしいのだから、なぜ原因が解明されるまで、報道を待てないのでしょうか?
 もし感染源や感染経路が、まったく別のところあったら、どうするのですか?
 責任はとれるのでしょうか?


 20日、群馬県と埼玉県と栃木県にある 「D」 の全17店舗が閉店してしまいました。
 僕のまわりでは、「おいしかったのに」 「便利だったのに」 と残念がる声が多く聞こえてきます。

 真実は、どこだ!

 一日も早い原因の究明が待たれます。
  

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 マロの独白(32) 寝る爺は育つ (2017-10-23 15:06)
 思い通りになることが多過ぎて (2017-10-13 11:48)
 2つの甲斐 (2017-10-11 11:04)
 さらば、お上がり! (2017-10-04 11:35)
 マロの独白(31) 祝!大主人様 (2017-09-25 19:37)
 マロの独白(30) ネコじゃないもん! (2017-09-11 17:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
殺人トング?
    コメント(0)