温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年10月05日

月に酔う 酒に跳ぶ


 群馬が生んだ高級ブランド魚 「銀光」(ニジマス)
 利根川の清流に棲む 「川ふぐ」(ナマズ)
 桜エビをエサに育てられた 「桜鯉」(コイ)
 そして、群馬の名産 「刺身こんにゃく」

 氷の器に乗った切り身は、すべて群馬産の食材ばかり。
 海のモノは、一品もありません。
 いいですね。
 海なし県の群馬にだって、美味しいものがたくさんあります。

 ここ上牧温泉(群馬県利根郡みなかみ町) の辰巳館の名物 「献残焼(けんさんやき)」 は、肉も野菜も魚も、すべてが県内産。
 炭火で焼きながらいただきます。
 「焼きまんじゅう」 なんかも自分で焼いて食べちゃったりして、もう、群馬のおいしさがてんこ盛りなのです。


 ということで昨日は、夕方早めに辰巳館にチェックインをして、山下清画伯も愛した“化粧の湯” に一浴し、時間まで一人でのんびりと夕食をいただきました。
 もちろん、湯上がりの生ビールは欠かせません。

 そして午後6時半、ほろ酔いのまま、迎えのバスに乗り、大峰山へと向かいました。

 そう、昨日は中秋の名月だったのであります。
 上牧温泉のある旧月夜野町は、その名の通り、月の美しいことで知られています。
 ※(月夜野の月は、日本百名月に認定されています。)

 僕は、みなかみ温泉大使として、月を愛でる会 「指月会」 に参加してきました。


 大峰山の中腹にある嶽林寺。
 境内には灯火が焚かれ、幻想的な雰囲気をかもし出しています。

 本堂では茶会と法要が行われ、その後、篠笛と琵琶の演奏会が始まりました。
 2部は、ステージが屋外へと移ります。
 そこは、なんと! 鐘楼の上。

 篠笛奏者の姿は、まさに五条の橋の上に立つ牛若丸のよう。
 琵琶奏者は、耳なし芳一か……

 ゆっくりと雲が流れ、時おり月を隠しながら、光のページェントが神秘的に繰り広げられます。
 その美しさと言ったらありません。
 昔の人は、こうやって月を愛でていたんですね。

 なんて、風流なんでしょう。
 なんて、贅沢なんでしょう。

 思えば、何年も月を見ていなかったことに気づきました。


 指月会が終われは、次はお待ちかねの “酒迎会” です。
 僕同様に来賓に招かれた 「みなかみ観光大使」 の菅谷正雄さんは、茨城県取手市の方です。
 みなかみ町と取手市は、利根川の上流と下流にあることから友好都市関係にあります。
 取手市からは市長まで来られたため、取手市の地酒 「君萬代」 が振る舞われました。

 なんじゃ、この酒!
 純米酒ということもあり、口当たりが良くて水のようにスイスイと入ってしまいます。

 1杯が2杯、2杯が3杯、4杯、5杯……

 飲むほどに、天空の月が、ぼんやりとおぼろ月のように見えます。


 うさぎ うさぎ なに見てはねる
 十五夜お月さま 見てはねる

 ピョ~ン!!


同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 ブリっと、シャブっちゃいました! (2017-11-30 11:58)
 一周年を祝う (2017-11-27 13:42)
 それぞれの出発(たびだち) (2017-11-09 12:09)
 幻に始まり、幻に終わる。 (2017-10-09 15:59)
 赤兎馬に酔う夢のつづき (2017-09-17 23:01)
 七夕の夜風を切って救急車 (2017-07-09 17:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
月に酔う 酒に跳ぶ
    コメント(0)