温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年10月21日

下仁田温泉 「清流荘」⑨


 昨日、下仁田温泉(群馬県甘楽郡下仁田町) の一軒宿、「清流荘」 に行ってきました。
 取材です。
 でも、クルマで行ったのではありません。
 5時間歩いて、たどり着きました。


 僕は、2006年から高崎市のフリーペーパー 『ちいきしんぶん』(発行/ライフケア群栄) に、「里山をゆく」 という紀行エッセイを連載しています。
 その一部は、すでに 『ぐんまの里山てくてく歩き』(上毛新聞社) というタイトルで本になり出版されているので、他の地域にお住まいの方でも知っているかもしれませんね。

 で、この本には、サブタイトルが付いています。
 “電車とバスで行く”
 そうなんです。
 温泉と酒が好きな僕は、山歩きをした後は、温泉に入りたいし、酒も飲みたい!
 ということは、クルマは利用できません。
 ならば、公共交通機関だけを使って移動すればいい!
 ということになり、スタートした連載企画なんです。

 世の中には、山と温泉と酒が好きな人が多いんですね。
 連載を開始すると、人気シリーズとなり、本まで出版されました。

 で、このシリーズが、11年経った現在でも、まだ続いているのです。


 上信電鉄の高崎駅を午前9時に出発した電車は、1時間後に下仁田駅に到着しました。
 そこから「清流荘」 までは、直線で歩けば、わずか20分ほどの距離です。
 でも、たどり着いたのは、午後3時でした。

 はてさて、僕は、どこをどう歩いたのでしょうか?

 泥だらけになり、両脚のふくらはぎと太ももは、筋肉痛でパンパンであります。
 温泉に浸かった時は、まさに 「極楽!」 のひと言。
 全国でも希少な炭酸泉の湯が、全身を揉みほぐしてくれました。

 湯上がりのビールが、うまかったことは、言うまでもありません。


 それにしても僕は、“持って” ます!
 昨日は、1度も雨具のお世話になりませんでしたもの。
 一時は、雲の切れ間から日が差したくらいです。

 やっぱり、究極の “晴れ男” のようですよ。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
下仁田温泉 「清流荘」⑨
    コメント(0)