温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年10月25日

片品温泉 「湯元 千代田館」②


 昨日は、3年ぶりに片品温泉(群馬県利根郡片品村) の 「湯元 千代田」 を訪ねてきました。
 といっても、取材ではありません。
 温泉講座です。

 僕は9年前からNHK文化センター前橋教室、野外温泉講座の講師をしています。
 本年度も今月から後期の講座が始まりました。
 受講生の入れ替えがあり、新入生が2名加わりました。


 高崎駅と前橋駅を出発したバスは、秋の上州路を北へ走ります。
 関越道、沼田ICを下りて、川場村から片品村へ。
 紅葉も始まっていて、車窓は天然アートの世界です。

 やがて目的地の片品温泉に。
 現在片品温泉には、民宿やペンションも含めると約30軒ほどの宿があります。
 でも、そのほとんどは戦後になり、尾瀬登山やスキーブームにのって、開業された宿がほとんどです。
 源泉も、それに合わせて掘削されました。

 そのなかで唯一、開湯100年の歴史を持つのが、「新井の湯」源泉です。

 片品温泉と呼ばれるにようになったのは戦後になってからのことで、それ以前は 「新井の湯」 と呼ばれ地元の人たちに親しまれていました。
 昭和初年、千代田館の初代が自噴する源泉を譲り受け、共同浴場を建て、後に旅館を開業しました。
 だから “湯元” なのです。


 旅館の入口には、薬師堂が建っています。
 湯治客は、ここで病気が治るように祈願してから湯に入ったといいます。
 我々一行も、古式ゆかしき儀礼に従い、手を合わせました。


 「お久しぶりです。その節は、お世話になりました」
 3代目主人の田邊晃男さんと、どちらからともなく再会のあいさつを交わしました。
 最後にお会いしたのは、一昨年に出版した『尾瀬の里湯』(上毛新聞社) の取材でした。
 その時、川底に湧く源泉を管理する苦労話などを聞きました。

 泉質は、pH 9.0 のアルカリ性単純温泉。
 まるでローションか乳液に浸かっているようなトロンとした肌触りです。
 “美肌の湯”の名に恥じない、正真正銘のツルスベの湯であります。


 「あれ、みなさん見違えるほど綺麗になっちゃって、誰だかわかりませんでしたよ(笑)」
 大広間では、山里の素朴な料理に舌鼓を打ちながら、和気あいあいの談笑が続きます。

 いい湯、いい宿、いい仲間

 受講生のみなさん、後期もよろしくお願いしますね!


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
片品温泉 「湯元 千代田館」②
    コメント(0)