温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年11月20日

暮れ展、はじまる。


 みなさんは、“年の瀬” を何で感じますか?
 僕は毎年、1通のDMが届くと、「ああ、今年も残り少なくなったなぁ~」 と思うんです。

 『でくの房 暮れ展』

 でくの房とは、木彫家であり版画家である作家・野村たかあきさんの工房の名前です。
 野村さんは、講談社絵本新人賞や絵本にっぽん賞を受賞した絵本作家としても著名な方です。

 僕は20代の頃に氏と出会い、表現することの楽しさや生きることの面白さを享受しました。
 いわば、“人生の師” といえるかもしれません。
 ※(野村さんとの出会いは、当ブログの2013年6月19日「真笛(まこぶえ)の響き」を参照)


 そんな野村さんの作品展を兼ねた、恒例のカレンダー原画展と販売が今年も開催されています。
 自称 “一番弟子” の僕は、毎年初日の開館時間を待って、一番乗りしてカレンダーを購入しています。
 もちろん、昨日の午前11時に行ってきました。

 今年は2種類のカレンダーの原画、木版画や木彫、多数の絵本のほかに、話題となっている最新作の 「落語絵本」 も展示・販売されています。
 興味のある方は、ぜひ、お出かけください。



       『でくの房 暮れ展』

 ●期間  平成29年11月19日(日)~12月3日(日)
        午前11時~午後5時
 ●場所  「でくの房」 群馬県前橋市朝日町4-1-18
        TEL.027-243-7061


同じカテゴリー(ライブ・イベント)の記事
 群馬定食&オリジナルスタンプ (2017-11-08 11:38)
 夏だ! 祭りだ! 老神温泉 (2017-08-04 23:24)
 夏だ! ライブだ! 四万温泉 (2017-07-27 11:24)
 四万ライブ 参加アーティスト募集中! (2017-06-15 15:33)
 牧水~あくがれのみなかみ (2017-06-10 11:25)
 へびサミット&大蛇まつり (2017-04-28 18:26)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
暮れ展、はじまる。
    コメント(0)