温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年11月29日

下仁田温泉 「清流荘」⑩


 <紅梅が咲いていた。冬木立の中で、そこだけ明かりが灯っているようだった。橋の向こうに、宿が見えた。田舎の親戚を訪ねるみたいで、なんだか懐かしい気持ちになった。>


 なぜか、このところ下仁田温泉づいています。
 9月、10月と訪ねたばかりなのに、昨日また行って来ました。
 でも今回は取材ではありません。
 僕が講師を務めるNHKカルチャーの野外温泉講座です。
 この講座で下仁田温泉を訪ねるのは、8年ぶりのことでした。


 冒頭の一文は、2005年の冬に、初めて下仁田温泉の一軒宿 「清流荘」 を訪ねたときに、雑誌に書いた記事の書き出しです。
 あれから何度となく、いえいえ、何十回と訪ねているかもしれません。
 春夏秋冬、さまざまな彩りで旅人を迎えてくれる西上州の秘湯です。

 季節は晩秋。
 今年は遅く色づいたというモミジが、今が盛りとばかりに目が覚めるようなグラディーションを見せています。


 「先生、見てください。こっちの景色を!」
 露天風呂から受講生の一人が、宿を見下ろすようにそびえる里山を指さしました。
 燃えています。
 過ぎ行く季節を惜しむかのように、全山紅葉の絶景を描いています。

 「先生、こちら側の景色もいいですよ」
 もう一人の生徒さんが、中庭の大きなモミジの木を指差しました。
 「綺麗ですね。ちょうど光がさして、色が鮮やかです」
 「これって、“インスタ映え” って言うんでしょう!」
 オジサンたちが、ドッと湯舟の中で笑いました。


 湯上がりは、地産地消の山里料理をいただきました。
 もちろん、ビールもいただきました。
 「先生、どうぞ。やっぱり、この景色には熱燗でしょう!?」

 あららら、いつの間に頼んだのか、徳利がズラリ並んでいました。
 「ほら、キレイどころ、先生にお酌して!」
 そう言われて、隣の席に座っていたYさんは、
 「あら、気づきませんで。先生、おひとつ、どうぞ」
 と、シナを作って、徳利の首をつまんでくれました。

 う~ん、確かに40年前ならば、キレイどころだったかも知れませんね(失礼)。


 午後は、みんなで7000坪を誇る敷地内を散策。
 風もなく、天高く青天の小春日和。

 笑い声が、こだまのように山あいに響いていました。
 のどかな、のどかな、湯けむり散歩を楽しみました。


同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 川原湯温泉のゆくえ④ (2017-11-24 12:27)
 片品温泉 「湯元 千代田館」② (2017-10-25 10:54)
 下仁田温泉 「清流荘」⑨ (2017-10-21 11:47)
 法師温泉 「長寿館」⑧ (2017-10-19 14:22)
 伊香保温泉 「よろこびの宿  しん喜」② (2017-10-01 17:27)
 塩原元湯温泉 「大出館」 (2017-09-27 14:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
下仁田温泉 「清流荘」⑩
    コメント(0)