温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年12月11日

3つのキーワード


 「ご両親は、お元気ですか?」
 「えっ?……はい」

 「マロちゃんのファンなんです」
 「あっ、……ありがとうございます」

 「今日も、H へ行かれるんですか?」
 「……、いえいえ」

 最近は初対面の人や、久しぶりに会った知人などから、たびたび、このようなことを言われることが多くなりました。
 なんのことかって?
 熱心な読者様なら、おわかりですよね。


 “両親” とは、認知症のオヤジと車イス生活のオフクロのことです。
 “マロ” とは、我が家の愛犬、チワワのオスであります。
 そして “H” とは、僕らのたまり場、酒処 「H」 のことです。

 すべて、このブログに登場するキャラクターおよびキーワードであります。
 ということは、みなさん、しっかりとチェックされているということなんですね。
 ブログなんて、読まれてナンボですからね。
 ありがたいことであります。

 初対面でも、いきなり両親の介護話やマロのネタから始まれば、コミュニケーションが取りやすいというものです。
 思わぬところで、ブログが潤滑油の役割を果たしているということですね。
 たかがブログ、されどブログであります。


 過日のこと。
 酒処 「H」 のママからメールが来ました。
 「ついに、H を探し当てた客がいた!」
 という内容でした。

 後日、聞いた話によれば、ある日、知人に連れられてやって来たイチゲンの客が、店内を見渡して、僕の本が何冊も飾られていることに気づき、ビックリ仰天して思わず、

 「えーーーっ!」

 と叫び、あわてて外へ飛び出して、看板の店名を確認。
 戻るなり、

 「ここが、“H” だったんですかぁ~~!!!」

 と、また叫んだといいます。
 

 さぞかし、まわりのお客さんたちは、驚いたことでしょうね。
 興味のない人には、なんのことだか、さっぱり分からない話ですもの。

 でも、ママいわく、
 「あまり有名になっちゃうと、困っちゃうな~」
 ですって。
 「だって、うちは昭和で時間が止まっちゃってる時代遅れの店だから」

 いえいえ、だからこそ、たどり着けたときの喜びも、ひとしおなのでありますよ。

 今どきでも、“H” だけの情報では、なかなか、たどり着きませんって。
 それでも、探し当てる読者がいること自体が、“昭和”なのであります。


 読者のみなさま、これからも当ブログを、ごひいきくださいますよう、お願い申し上げます。


同じカテゴリー(執筆余談)の記事
 おかげさまで1周年 (2018-05-16 13:58)
 おかげさまで80万アクセス (2018-04-11 11:15)
 おかげ犬 (2018-04-07 11:57)
 おかげさまで18年、800回突破! (2018-03-15 13:54)
 おかげさまで8周年 (2018-02-07 11:27)
 冠を正す (2017-12-09 12:29)

この記事へのコメント
まずい、マズイです! 小暮淳さんの行きつけの酒処「H」さんが私にも分かったみたい!? 言いたいけど言いません。今度、前橋駅から歩いて自分で確かめてみます。いや其れよりも電話かけて聞いた方が早いよね。お店の電話番号下一桁は5番ではありませんか?名前言いたいけどご迷惑かけるので言えません!私の勘違いであれば良いのですが…。でもあっていたらどうしよう!?
Posted by 水上のなべちゃん at 2017年12月11日 21:37
水上のなべちゃんへ

ギェッ!
当たっているような気がします。
ただ、僕はお店の電話番号は知らないんですよ。
でも、なべちゃんのことだから、たぶんね。

ぜひ、扉を開けてみてください。
正解か、不正解かは、店内に入って一瞬で分かります。
カウンターの中に、ズラ~リと僕の著書が並んでいたら、ビンゴ!です。

さあ、ようこそ H へ。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2017年12月12日 13:19
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
3つのキーワード
    コメント(2)