温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2017年12月20日

美ヶ原温泉 「ホテル翔峰」


 長野県松本市の美ヶ原温泉に、行って来ました。
 しかも、訪ねたのは 「ホテル翔峰(しょうほう)」。
 9年ぶりのことでした。


 2008年5月、突然、長野県温泉協会から電話がありました。
 内容は、「総会での特別講演講師をお願いします」 というものでした。

 正直、困り果てました。
 断ろうとも思いました。
 だって、僕が初の温泉本を書いたのは、1年以上先の2009年9月のことですからね。
 まだ1冊も温泉の著書がない、無名のライターです。

 なんで、僕なの?

 その後の先方とのやり取りで分かったことは、群馬県温泉協会からの紹介だったということです。
 その年の2月、僕は、群馬県健康福祉部薬務課の主催による 「温泉アドバイザー フォローアップ研修会」 の講師をしていたのです。
 たぶん、そのあたりの情報が長野県まで届いていたのかもしれませんね。

 で、その時、講演会の会場となったのが、美ヶ原温泉の 「ホテル翔峰」 だったのであります。


 今回も僕は、講師として 「ホテル翔峰」 を訪れました。
 といっても、講演会ではありません。
 温泉講座の講師としてであります。
 NHK文化センター前橋教室主催によるこの講座も、今年で9年目を迎えています。


 JR前橋駅と高崎駅で受講生らを乗せたバスは、上信越自動車道~長野自動車道とひた走り、松本ICで降りて、松本市内へ。
 国宝、松本城を車窓に眺めながら、美ヶ原温泉へと向かいました。

 美ヶ原温泉は、美ヶ原高原西麓の丘陵地に湯煙を上げる、湯の原、御母家(おぼけ)、藤井などの温泉の総称です。
 昭和40年頃までは、山辺温泉と呼ばれていました。
 湯開の歴史は1300年前と古く、日本書紀に記されています。
 なかでも湯の原地区は、奈良時代には時の天武天皇により 「束間(つかま)の湯」 と呼ばれ、以来、代々の松本城主の庇護を受けた由緒ある名湯です。


 とかなんとか、講釈を述べながら、バスはホテルへ。
 すぐさま旅装を解き、脱兎のごとく大浴場へ!
 その名も 「束間の湯」 であります。
 大きな内風呂と、露天風呂が2つ。
 1300年の時の流れを感じつつ、弱アルカリ性のサラリと肌を流れる古湯に、身を沈めたのでありました。

 「先生、今年の講座を締めくくるのに、ふさわしい宿ですね」
 「さっき、ロビーから雪を頂いた北アルプスの山々が見えました」

 各々が、今年一年を振り返りつつ、平成29年の “湯納めの儀” を行いました。


 受講生のみなさん、今年も1年間、大変お世話になりました。
 良い年を、お迎えください。
 そして来年も、よろしくお願いいたします。

 たくさん温泉を、めぐりましょうね!
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 尻焼温泉 「星ヶ岡山荘」 (2018-11-28 11:59)
 湯宿温泉 「湯本館」④ (2018-11-01 14:23)
 尾瀬戸倉温泉 「ホテル玉城屋」 (2018-10-24 11:11)
 霧積温泉 「金湯館」⑧ (2018-10-03 22:02)
 万座温泉 「日進館」 (2018-08-29 12:20)
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
美ヶ原温泉 「ホテル翔峰」
    コメント(0)