温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年01月10日

老神の逆襲


 現在、僕は群馬県内の4つの温泉地の 「温泉大使」 をしています。
 みなかみ18湯(みなかみ町)、老神温泉(沼田市)、伊香保温泉(渋川市)、四万温泉(中之条町) です。
 イベントや式典などに参加し、マスコミやメディアに対しての広報活動を行っています。

 おかげさまで、このところ各温泉地とも、大変評判が良いようです。
 昨年発表された 『温泉総選挙2017』 では、四万温泉が最高賞の地方創生担当大臣賞に輝きました。
 また女子旅部門でも全国2位と、素晴らしい成績を修めています。

 みなかみ18湯も、前年のリフレッシュ部門1位に続き、4位の座をキープしています。
 伊香保温泉は、チームで温泉活性化賞を受賞。
 さらにファミリー部門4位と女子旅部門4位も獲得しました。

 昨年は 『にっぽんの温泉100選』 も発表されました。
 1位は王者、草津温泉が15年連続の1位でしたが、他の群馬勢もがんばりました。
 15位伊香保温泉、25位万座温泉、30位みなかみ18湯、40位四万温泉がベスト50以内にランクインしています。


 えっ、なにか気づかれました?
 そ、そ、そうなんですよ!
 僕が温泉大使を務める温泉地で、老神温泉だけが、どちらのランキングにも入っていないのです。
 別に僕は、えこひいきなんてしていませんよ!

 なぜなんでしょうか?
 どうしてなんでしょうか?

 そんな疑問を昨年暮れに、老神温泉観光協会で開催された講演会で、聴講者らに投げかけました。
 そしたら、なぜなんだろう? どうしてなんだろう? を真剣に考えてみようということになり、僕も温泉大使として多少なりとも責任を感じているので、一緒に解明して、知名度アップを図ることになりました。


 ということで、今日は朝から老神温泉を訪れ、会議に参加してきました。

 ・世界一の長さを誇る大蛇まつりと、マスコットキャラクターのPR
 ・インスタ映えスポットの発掘
 ・温泉の効能の徹底告知
 などなど、多岐にわたる意見が出ました。

 その昔、「脚気(かっけ)川場に瘡(かさ)老神」 といわれたほどの群馬を代表する名薬湯でした。
 瘡とは、皮膚病のことです。
 その効能は全国に知れ渡り、戦時中には、傷病兵の治療のために陸軍病院の建設が計画されたほどでした。

 もう一度、天下の名薬湯の名を全国へ!
 今年は、老神の逆襲が始まるのです。

 ぜひ、みなさん、お力を貸してください。
 

同じカテゴリー(大使通信)の記事
 急に温泉へ行きたくなったら (2018-05-05 18:05)
 大使大集合 (2018-03-25 17:01)
 祝! 四万温泉 (2017-12-06 12:49)
 「紅白の湯」 をめぐりませんか? (2017-10-27 14:27)
 四万を語る (2017-10-18 17:58)
 中之条から愛を込めて (2017-10-16 12:52)

この記事へのコメント
毎号楽しみに拝見させていただいています。
今年もよろしくお願いします

さて、「老神温泉」ですが・・・・ちょっと可愛そうになってしまいます
INで調べてみましたが、老神温泉の名前はどこにもありませんでした
そこで私からの提案ですが・・・・老神温泉の「老」と「神」をキーワードにした「知名度アップ作戦」はいかがでしょうか?
時間と小金持ち、長寿社会を生きる老人、神様大好き老人・・・?ジジとババ
何かいいネタが浮かんできそうですがいかがでしょうか?
暇な爺さんの独り言で申し訳ありません
Posted by 気まぐれ爺さん at 2018年01月11日 15:32
気まぐれ爺さん

こちらこそ、よろしくお願いいたします。

「老人」と「神様」をキーワードにした知名度アップ!
いいですね!! いただきです。
大蛇のように、太く長く生きる。
そして、最期はピンピンコロリと神様に迎えられる。
「ぽっくり観音」や「ぽっくり地蔵」も造りましょうか!?
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2018年01月12日 11:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
老神の逆襲
    コメント(2)