温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年01月22日

鹿沢温泉 「紅葉館」⑤


 ♪ 雪よ岩よ 我らが宿り~


 関東地方に大雪注意報および警報が出されています。
 不要不急の外出はさけて、暖かい部屋で、焼酎のお湯割りでも飲みながら、ブログなど読んでお過ごしください。

 さて、雪といえば、「雪山讃歌」 を思い浮かべる人も多いのでは、ありませんか?
 その 「雪山讃歌」 発祥の地といえば、どこだか、ご存知ですか?
 あまり知られていませんが、群馬県吾妻郡嬬恋村田代の鹿沢(かざわ)温泉であります。

 と、いうことで(取材なんですが)、雪が降る前にと早起きをして、ひとっ走り鹿沢温泉の一軒宿 「紅葉館」 へ行ってきました。


 「お久しぶりです。お元気でしたか?」
 玄関を開けると、4代目女将の小林百合子さんが、昨年末に生まれたというお孫さんをだっこしながら出迎えてくれました。
 「ご無沙汰して、申し訳ありません」
 と、不義理をわびる僕。

 だって、最後に紅葉館を訪ねたのは、本館がリニューアルオープンした年の夏ですから、なんと4年半ぶりであります。
 「6代目ですか? おめでとうございます」
 現在は、息子さんの昭貴さん夫妻が5代目を継いでいます。


 つもる話もありますが、なにはともあれ、絶品の湯をいただかないことには、取材になりません。
 群馬の温泉通なら、ご存知ですよね。
 “雲井の湯”源泉を!

 泉温は約47度、湧出量は毎分約80リットル。
 その源泉湧出地と浴槽の距離は、わずか10メートル!

 僕が絶賛する湯の3条件、「自然湧出」「自然流下」「完全放流式」 を備えています。
 それだけではなく、日本温泉協会による審査6項目で、“オール5” の評価を受けた折り紙つきの最高品質の湯なのであります。
 ※(6項目とは、源泉・泉質・引湯・給排湯方式・加水・新湯注入率です)

 ま、群馬の温泉を語る上では、絶対に欠かせない湯であることは、間違いありません。


 今日の湯も、すごかった!!
 一見、深緑色に見える湯舟ですが、湯の中で見ると、茶褐色や黄褐色の析出物が無数に浮遊している薄にごり湯です。
 でも、この湯、ただものではありません。
 入った途端、グイグイと体を締め上げるように、迫ってくるのです。

 湯には、肌にやさしくまとわり付く “天女の羽衣系” というのがありますが、その真逆です!
 力ずくで攻め寄る “ムキムキのマッチョ系” とでも申しましょうか……
 僕は毎度、その強引な愛撫に、メロメロになってしまうのです。


 湯から上がると脱衣場で、主人の小林康章さんが迎えてくれました。
 「相変わらず、素晴らしい湯ですね」
 「ありがとうございます。分かる人は、分かってくださいます」

 主人とは、長いつきあいになります。
 もう、20年近く前ですが、初めてお会いした時に、聞いた言葉が忘れられません。
 「湯に手を加えるな、というのが先祖からの教えです」

 その教えを守り続けているからこそ、今でも最高品質の湯を提供できるのですね。
 ※(紅葉館は、明治2年創業です)


 湯上がりは、主人と女将とコーヒーをいただきながら、温泉宿の苦労話や温泉宿の今後についてなど、それはそれは楽しい温泉談義に花を咲かせてまいりました。

 湯守のいる宿って、いいですね。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 伊香保はどんな所です? (2018-04-04 11:52)
 谷川温泉 「金盛館 せゝらぎ」② (2018-03-28 12:14)
 あれから7年、大胡温泉 (2018-03-11 21:15)
 猪ノ田温泉 「久惠屋旅館」⑩ (2018-03-02 12:31)
 鳩ノ湯温泉 「三鳩樓」② (2018-02-23 20:25)
 四万温泉 「四万たむら」③ (2018-02-16 19:27)

この記事へのコメント
紅葉館がリニューアルは小暮さんのブログで知ったのでした(^^;
個人的には以前の鄙びた宿が好きでした♪
リニューアル後は立ち寄りで行っています
蕎麦+温泉セットが良いですね(*^^*)
紅葉館の熱い湯は相変わらずですけどね(笑)
Posted by うえちゃん at 2018年01月24日 21:51
うえちゃんへ

あの、ガツーンと来る熱い湯が、たまらないのです。
でも、冬場は源泉の温度が2度ほど下がるとかで、ちょうど良い熱さでしたよ。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2018年01月25日 11:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鹿沢温泉 「紅葉館」⑤
    コメント(2)