温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年01月24日

薬師温泉 「旅籠」②


 <何度訪れても、そのたびに息をのむ自分がいる。やがて、ゆるりと心がほぐされ、誰もが時空(とき)の旅人となり、江戸の町並みを歩き出す。>
 (『新ぐんまの源泉一軒宿』(上毛新聞社) より)


 大雪の朝、余裕を持って1時間早く家を出ました。
 ニット帽、マスク、ネックウォーマー、手袋にコートのフードを頭からかぶり、足元は山用のトレッキングシューズ姿。
 完全防寒スタイルにて、一夜にして雪原と化した住宅街を歩き出しました。

 ザク、ザク、ザク、ザク……

 「おはようございます」
 「ご苦労さまです」
 家や店舗の前を雪かきする見知らぬ人たちと、声を掛け合います。
 「お気をつけて」
 なんだか、ホッとなごむ光景です。

 4年前の大雪の教訓なのでしょうか。
 あの時とは違い、なんだか町が活気付いて見えました。


 途中、コンビニに寄って、コーヒーを飲みながら暖をとりましたが、それでも1時間半でJR前橋駅に着きました。
 昨日は、僕が講師を務める月に1回の温泉講座日だったのです。
 前の日から、すでに “雪天決行” は決まっていました。
 あとは当日、何人出席するかだけです。

 第1発着場のJR高崎駅を出発したバスは、この雪にもかかわらず5分遅れただけで前橋駅に到着。
 欠席者も2名だけでした。

 「おはようございます。この講座も丸9年となり、春からは10年目を迎えます。この9年間、雨の日も風の日も雪の日も、一度も休講になったことはありません。今日は、断念して休んだ人たちたちの分も、大いに温泉を楽しんできましょう!」
 バスは、白銀に染まった街を北へと向かいました。

 雪の街から、雪の山へ。

 「今日は思う存分、雪見風呂と雪見酒を味わってくださいね」


 今年最初の温泉講座は、群馬県吾妻郡東吾妻町の薬師温泉 「旅籠」。
 山深い渓流沿いに一軒宿ばかりが点在する、浅間隠(あさまかくし)温泉郷の一つです。
 手前から温川(ぬるがわ)温泉、鳩ノ湯温泉、そして一番奥が薬師温泉です。
 ※(温川温泉は現在、休業中です。)

 バスは、温泉郷の入口で、チェーンを装着。
 ここからは急坂のため、スタッドレスタイヤでも通行不可とのことです。

 わずかの距離ですが、バスはエンジン音を轟かせながら、一気に雪の坂道を上ります。
 「おおおーーーっ!!」
 受講生から、喚声が上がりました。
 雪に覆われた、かやぶき民家がいくつも現れたからです。


 ここ薬師温泉 「旅籠」 は、別名 「かやぶきの郷」 とも呼ばれています。
 約7000坪という広大な敷地内には、築150年を超える古民家が全国から移築されています。
 まるでテーマパークのよう。
 でも温泉の歴史は、とっても古いんですよ。

 開湯は寛政5年(1793)年、温泉坊宥明(ゆうめい) という旅の行者により発見されたと伝わります。
 当時は鳩ノ湯と一体で、薬師を「上の湯」、鳩ノ湯を「下の湯」と呼んでいました。
 薬師温泉と呼ばれるようになったのは、昭和になってからのこと。
 「偕楽荘」 という温泉宿がありましたが、平成17年に経営が替わり、「旅籠」としてリニューアルしました。


 とかなんとか、うんちくを語りつつ、湯を浴み、料理に舌鼓を打ちつつ、今年の講座も酒に酔いしれながらスタートしたのであります。

 受講生のみなさん、また1年間、よろしくお願いいたします。
 

同じカテゴリー(温泉地・旅館)の記事
 奈女沢温泉 「釈迦の霊泉」④ (2018-08-04 13:58)
 梨木温泉 「梨木館」④ (2018-08-02 19:06)
 上の原温泉 「水上高原ホテル200」④ (2018-07-25 11:45)
 四万温泉 「やまの旅館」 (2018-07-22 19:18)
 御裳裾の湯を訪ねて (2018-06-21 14:39)
 相間川温泉 「ふれあい館」⑤ (2018-06-10 12:36)

この記事へのコメント
10数年前になりますが旅籠に宿泊をしました(*^^*)
タイムスリップしてしまった錯覚になりましたね(笑)
夕食時に宿の方が「お飲物は何にされますか?」
我々は四人で宿泊をし、四人全員が「生ビール大」を注文!
巨大な陶器・・・いや花瓶かと思った陶器製の大ジョッキ生に驚愕(((^^;)
宿の人も笑っていましたね
Posted by うえちゃん at 2018年01月25日 14:09
うえちゃんへ

僕も10年ほど前、旅籠で初めてマコモダケという竹の子を食べました。
炭火で焼くと、トウモロコシのような味がするんですよね。
以来、旅籠の里山料理をすっかり気に入ってしまいました。
温泉講座の生徒さんたちからも、「また来たい」と大変好評でした。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2018年01月26日 12:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
薬師温泉 「旅籠」②
    コメント(2)