温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年01月25日

温泉の必須バイブル


 “みなかみ町温泉の必須バイブル”
 “名湯や宿の情報ぎっしり”

 今日(1月25日) のサンケイスポーツ20面に、こんな見出しを付けた記事が、大きく載りました。
 紹介されているのは、2012~13年に出版した 『みなかみ18湯』(上毛新聞社) の上・下巻です。

 <約1年半をかけて町内18カ所の温泉に通い、上巻34軒、下巻41軒の温泉宿を掲載している。> 
 という書き出しから始まり、上巻と下巻の内容を写真入りで詳しく解説しています。


 実は、この記事、直接僕に取材が来たのではありません。
 僕が 「温泉大使」 を務める、みなかみ町観光協会から発信されたニュースなのです。
 だから、協会から新聞掲載の知らせを受けた時は、「今年もみなかみは元気があるぞ!」 と感心してしまいました。

 だって、ここ数年のみなかみ町は、飛ぶ鳥を落とす勢いがありますもの。
 エコパークの認定もしかり、「温泉総選挙」 や 「にっぽんの温泉100選」 でも、上位にランキング入りしています。
 しかも、“みなかみ18湯” という大きな温泉郷として、町全体を温泉のイメージでPRしています。

 で、僕の本も、みなかみ町の “温泉バイブル本” として、世に出そうということのようです。


 でもね、だったら僕は他の温泉地の本も書いているわけですよ。
 ぜひ、“町おこし” “温泉地おこし” に活用していただきたいものです。

 そうすれば、群馬に人がやって来る→温泉地が活気づく→ますます本が売れる→印税が入る、と、イイ事ずくめじゃありませんか!
 いっそ、オール群馬で “群馬の温泉必須バイブル本” として、売り出してくれませんかねぇ~。


 目指せ、夢の印税生活!


同じカテゴリー(著書関連)の記事
 目指せ、重版出来! (2018-08-11 12:12)
 8月8日は何の日? (2018-08-08 12:01)
 先行販売のお知らせ (2018-07-28 12:11)
 無事、下山しました! (2018-07-13 20:07)
 書籍化決定!! (2018-07-07 11:33)
 はじめての会議 (2018-06-30 12:29)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
温泉の必須バイブル
    コメント(0)