温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年02月09日

どこかで 誰かが⑧ 湯中にて


 温泉に入るのが、僕の仕事です。
 ですから、家では風呂に入りません。
 シャワーで体を洗うくらいです。

 でもね、さすがに冬は……
 でも、なかなか家族と入浴時間が合わないのです。
 そのたびに、湯を溜めたり、沸かし直したりするのも不経済です。
 そんなとき僕は、ぷらりと近くの日帰り入浴施設へ出かけます。


 行くなら、平日の一番風呂です。
 湯はキレイだし、なにより、すいていますから。
 で、その日も、かけ湯をしてから内風呂に入り、いったん上がって、体と頭を洗い、締めの露天風呂に浸かっているときでした。

 客は、僕と離れた所に、もう一人。
 そこへ、高齢の男性がやって来ました。
 ウロウロ、ウロウロ……
 なかなか湯舟に入ろうとせず、僕の前を行ったり来たりしています。
 やがて、中央から入ったと思うと、そのままスーッと、こちらに向かってやって来て、僕の隣に沈みました。

 あれ、あれれれれ????
 ヘンだよ、このジイサン。
 こんなに、すいているのに、なんで、わざわざ俺の隣に来るんだよ!?
 も、も、もしかして、あっち系の趣味の人かしらん!
 と、身構えていると、

 「失礼ですが、小暮さんではありませんか?」

 えっ、誰?
 知らないよ、こんなジイサン。
 それとも、俺がド忘れしているだけだろうか?

 「はい、そうですけど……。どちらさまでしょうか?」
 「私は、○×銀行のYと申します」

 ますます分かりません。
 ○×銀行には、そんな名前の知り合いはいないし、年齢的に現役の銀行員とは思えません。
 さらに警戒をしていると……

 「あ、あ、申し訳ありません。初めて、お会いします。えーと、いつも新聞や本で、文章を読ませていただいています」

 なーんだ!
 読者だったんですね。
 あ~、驚いた。


 それから、その人は、僕の文章について、実に詳しく分析した感想を話し出しました。
 やがて、根掘り葉掘りと僕のプライベートにまで質問をするようになりました。
 「今日も取材なのか?」「住まいは、どこなのか?」「年齢は?」

 もうダメです。
 限界です。
 何がって?
 湯あたり御免!
 完全に、のぼせてしまいました。

 「温泉ライターのくせして、長湯が苦手なもので。すみませんが、先に上がらせていただきます」
 「あ、あ……、お引止めして、もーしわけありませんでした」


 ありがたいことではありますが、長湯の湯中話はいけません。
 もう少しで、<温泉ライター 入浴施設で湯あたり> の見出しが新聞に載るところでした。

 それにしても、どこで、誰が見ているか、分からないものですね。
 

同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 K温泉殺人事件 (2018-04-20 16:27)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 「もう一度」 と 「一度は」 (2017-12-21 19:03)
 温泉県なのに (2017-12-18 12:02)
 温泉が足りないんじゃないの? (2017-11-15 13:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
どこかで 誰かが⑧ 湯中にて
    コメント(0)