温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年02月25日

ため息のシーズン② 通知表


 1年で、もっとも憂うつな季節がやって来ました。

 フリーランスおよび個人事業主のみなさん、確定申告は済みましたか?
 僕は、さっさと済ませました。
 だから落ち込んでいるんです。


 毎年、その日が来るのがイヤでイヤでなりません。
 本当は逃げてしまいたいのですが、イヤな思いを続けたくないので、あえて “いの一番” に済ませます。
 そして、現実を突きつけられるのです。

 いわば、これは僕の 「通知表」 なのであります。
 いくら 「がんばった」 と思っても、数字がすべてを物語ります。
 そして結果、今年も成績(収入)アップならず!(涙) 
 昨年とまったく同じ成績でした。

 増えもせず、減りもせず。
 ということは現状維持のまま、まったく成長していないということです。
 我ながら、板についてしまった貧乏が、おかしくてなりません。


 所帯を持って別居している営業マンの長男が、ぷらりと顔を出したとき、こんなことを言いました。
 「お父さんの仕事は、楽しそうでいいな」
 突然、何を言い出すのかと、面食らっていると、
 「俺の仕事は、数字がすべてだから」
 と、ぼやいたのです。

 でもね、こんな親を見て育ったから、反面教師となって、彼は堅実な人生を選んだのであります。


 思えば、僕は小さい頃から “数字” が大嫌いでした。
 順位や優劣を競うのも苦手でした。
 ナンバーワンになる気は、はなはななく、いつもオンリーワンになることばかり考えていたように思います。
 だから10代の頃は受験勉強から逃げ、大人になってからは社会や組織から逃げ回ってきました。

 結果、数字を嫌う者は、数字に嫌われるのであります。


 ふーーーーーっ!

 青い吐息が、止まりません。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 あめ玉とえびせん (2018-11-13 12:17)
 逃げろ!子どもたち!!④ いじめの呪縛 (2018-11-10 12:07)
 遺伝子のゆくえ② (2018-10-30 23:01)
 風のルーツ (2018-10-26 18:01)
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)

この記事へのコメント
昔、「桃色吐息」という歌がありましたね。
Posted by とおりすがり at 2018年02月25日 22:55
申告の日

商工会に入っているので、税理士会の日程で動いて3月に入ったら行ってきます。
更年期と決算でやることが山住で困窮
賃金が払えれば本気で、アルバイト募集したい。

数字が嫌い

右に同じく。。。
主人が独立していらい、春が苦痛を伴う季節になりました。
若いころは恋の季節みたいに感じていたのに、人生変わります。
Posted by ぴー at 2018年02月26日 11:03
とおりすがりさんへ

ですね。
だったらいいんですけど、僕の場合、「青息吐息」ですから……
今しばらくは、落ち込んでおります。


ぴーさんへ

フリーランス、個人事業主には、春は切実な季節であります。
いったい、いつになったら、このジレンマから脱却できるのでしょうか?
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2018年02月26日 21:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ため息のシーズン② 通知表
    コメント(3)