温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年03月05日

不死鳥のごとく


 「大変ですね」
 「お母さんの具合、いかがですか?」

 この1ヶ月間、たくさんの人から声をかけていただきました。
 たぶん、このブログを読んでくださっている方々です。
 ※(2018年1月29日の「トンカツと温かい手」、2月12日の「小さい手と手」参照)


 「病気と寿命は別物だよ」
 と気丈に振る舞っていたオフクロでしたが、寄る年波には勝てず、ついに1月、老衰のために入院してしまいました。
 病気には滅法強かったオフクロですが、加齢による体力の衰えには、あらがえなかったようであります。

 食事がノドを通らなくなり、点滴による生活が始まってしまいました。
 「たぶん、もう、帰って来ることはないだろう」
 僕もアニキも、今度ばかりは腹をくくって、見守っていました。


 と、と、ところが!
 なんということでしょう!!
 昨日、オヤジを連れて病院を訪ねると……

 「ジュン、来てくれたのかい! ありがとうね。あれ、おとうさんもかい。うれしいね」
 と、ベッドから起き上がらんばかりに、大きな声を上げ、満面の笑みを浮かべているではありませんか!
 「元気そうだね。あれ?」
 よく見ると、ベッドの脇に点滴の袋がありません。

 「どうしたのよ、点滴がないじゃない?」
 「だって、ごはん、食べてるもの」
 「えっ、食事しているの?」
 「うん、リハビリもしているよ。こうやって、イチ、ニ、イチ、ニって」
 そう言って、腕を上げたり下げたりして見せるのです。

 おそるべし生命力!


 今日、実家にオヤジを送り届けた際に、アニキに報告しました。
 「だろ、あの人の生命力は、ただもんじゃないぞ」
 「だね、こっちは、これが最期だと覚悟していたのに」
 「あんまり 『家に帰りたい』 って言うもんだからさ、『自分で食事ができなきゃ、帰れないんだよ』 って言ったのが効いているのかもな」
 「オフクロ、帰って来る気でいるよ」
 「ああ、でも、帰って来たら、それはそれで大変なんだけどな」

 介護はつづくよ、どこまでも……
 いや、いつかは終わりが来るのでしょうけど……
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)
 われら、逃げ切り組 (2018-10-02 13:58)
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
不死鳥のごとく
    コメント(0)