温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年03月09日

眠り翁


 「ジュン、すぐ来てくれないか! オヤジが…」

 昨晩、うっかりケータイを見ずにいたら、何度もアニキから着信履歴がありました。
 いやな、予感であります。
 あわてて電話をしました。

 「オヤジがどうしたって?」
 「寝ちゃって、起きないんだよ」
 「どういうことよ?」
 「いいから、すぐ来てくれ!」


 実家へすっ飛んで行くと、オヤジは、いつものようにベッドで寝ていました。
 蒲団が胸のあたりで上下に動いてますから、呼吸はしているようです。

 「ふつうじゃないか?」
 「それが、ふつうじゃないんだよ」

 アニキの話によれば、晩飯を食べている途中に突然、動かなくなり、そのまま寝てしまったというのです。
 声をかけても、揺すっても起きないので、そのまま担いでベッドに寝かせたようです。

 「な、ヘンだろ?」
 「でも、うちに来ても、そんなものだよ。1日20時間以上寝ているからね」
 「でも、ベッドには自分で歩いて行くだろう? それが今日は、まったくイスから動かないんだ」

 結局、昨日は一晩、様子をみることになりました。


 一夜開けた今朝のこと。
 またしてもアニキからの電話です。
 「おい、ジャン、すぐ来てくれ! 今から救急車、呼ぶから」
 「えっ、きゅうきゅうしゃ、だ~!!」

 あわてて実家へと、すっ飛んで行きました。
 僕が着くのと同時に、救急車も到着。
 救急隊員がストレッチャーにオヤジを乗せて、手際よく搬送して行きます。

 「なんで救急車なのさ?」
 「やっぱり朝起きないからさ、医者に電話したんだよ。そしたら軽い脳梗塞かもしれないから救急車を呼べって」

 ということで、アニキが救急車に同乗して、僕が実家で待機することになりました。


 午後、結果が出ました。
 “脳に異常なし”
 でも、もしものことを思い、しばらく入院させることにしました。

 着替えや洗面用具などを持って、病室へ行くと……

 やっぱり、寝ています。


 「眠り姫」 「眠る男」、いや、こりゃ 「眠り翁」 だな!

 人騒がせな、じいさんであります。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)
 カウントダウン (2018-05-07 18:02)
 ホールインGW (2018-05-03 18:48)
 一期三会 (2018-05-01 12:25)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
眠り翁
    コメント(0)