温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年03月23日

「そだねー」 と 「だいねー」


 この冬は、平昌オリンピックで脚光を浴びたカーリング女子に、癒やされた人が多いんじゃないでしょうか。
 かくいう僕も、テレビの前で 「さつきちゃ~ん」 って、声援を送っていた一人です。
 なんか、あの娘たちって、見ていると、ほんわか心がなごむんですよね。

 そして銅メダルという成績を修めましたが、同時に 「もぐもぐタイム」 や 「そだねー」 などの言葉も話題になりました。
 とくに 「そだねー」 は、早くも今年の流行語大賞の呼び声も。

 その 「そだねー」 を、商標登録しようと出願した企業が現れたそうです。
 北海道の菓子メーカーとのことですが、彼女たちの所属チームのある北見市ではありません。
 「北見に関係ない企業が、なぜ商標登録するのか?」
 誰でも抱く疑問です。
 それに対しての企業側のコメントは、
 「北海道らしい温かい言葉が、道外業者や悪徳業者に出願されて使えなくならないように。商標を独占する意図はない」
 とのこと。

 ん~、なんか、素直に納得できませんね。
 そもそも、造語でもオリジナルの言葉でもありませんよね。
 方言やなまりの類いですから、一企業がその言葉を商標登録してしまうというのは、いかがなものでしょうか?


 ところで、この 「そだねー」 ですが、群馬弁でいえば 「そうだいねー」 です。
 ちょっと長いので、縮めて 「だいねー」 なんて若い女の子が言ったら、可愛いかも!

 でも実際には、若い女性が使っているところは、あまり見かけたことがありません。
 どちらかと言うと、オバサン言葉です。
 で、オジサンたちは、なんていうかといえば、
 「そうだんべ」 「そうだいのー」 です。

 とは言っても、かなりの高齢者か農村部の男性で、街に暮らす僕らは、ほとんど使いません。


 で、かといって、この 「だいねー」 や 「だんべ」 や 「だいのー」 が、1つの企業に独占されたら困るのです。
 ま、群馬弁の場合、そんなことは起こらないでしょうけど。

 やっぱり、「そだねー」 には、金のにおいがするのでしょうか?
、 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 天高く老若男女が駆ける秋② (2018-10-15 14:47)
 “還活” の成果と誤算 (2018-10-10 11:48)
 われら、逃げ切り組 (2018-10-02 13:58)
 白髪ロン毛同盟 (2018-09-24 12:56)
 キャラメル作戦 (2018-09-18 11:21)
 ナシと共に去りぬ (2018-09-11 11:14)

この記事へのコメント
農村部のおじさんに育てられた、かつての娘も
そうだんべー(主人にあわせて)
そうだいねー(近隣の先輩にあわせて)日常の会話です(笑)

ワタシは使わないぞ!なんて思っていたのに現在ペラペラです
Posted by ぴー at 2018年03月23日 14:52
ぴーさんへ

あらま、そうでしたか!
最近は、めっきり群馬弁を聞かなくなったと思っていましたが、根強く使われているのですね。
ぜひ、群馬弁の保存会を立ち上げてください。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2018年03月24日 11:09
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「そだねー」 と 「だいねー」
    コメント(2)