温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年03月31日

大事なことは飲み屋で決まる③


 昔、僕が雑誌の編集長をしていた時の話です。
 編集会議の内容が、だいぶ煮詰まってきたときのこと。
 「よし、ここから先は、飲みながら決めよう!」
 突然の僕の言葉に、スタッフ全員、目がテンになっていました。

 「さ、行くぞ! 出かける用意して」
 「編集長、それって仕事ですか?」
 「当然だろう、会議は続いているんだ」
 「だったら、会議を終えてから飲みに出かけませんか?」

 「バカモ~ン! それじゃ、いい知恵が出ないだろう!!」

 ま、そんな具合で、昔から “苦しい時の酒頼み” と言って、たびたび 「お酒さま」 の力を借りては、アイデアをしぼり出して来たのであります。


 昨晩は、某紙の社長と編集長と、夕方から高崎の街を流しました。
 理由は、1つ。
 秘密裏に進めている、さる企画についての検討会議であります。

 そんな大切なことを飲み屋で?
 昔のスタッフの声が聞こえてきそうですが、昔も今も理由は変わりません。
 「お酒さま」 の力を借りて、最良のアイデアをしぼり出そうという魂胆であります。

 「乾杯!」
 「よろしくお願いします」
 「こちらこそ、お願いします」
 「さっそくでが、例の件ですが、いかがでしょうか?」
 「うちとしては、異論はありません。ぜひ、進めたいと思います」
 「ありがとうございます。となれば、今後のスケジュールですが……」

 生ビールから始まり、ワイン、日本酒へ。
 さらに河岸を替えて、地酒の専門店へ。

 飲めば飲むほどに頭は冴えて、饒舌になっていきます。
 まるで、酔えば酔うほど強くなる “酔拳” のよう。

 「では、これは小暮さんの還暦祝いのプレゼントということで」


 春の宵に酔いながら、ゆらゆらと電車に揺られる帰り道。
 “還暦” という文字が、ちらつきます。

 もう、還暦。
 まだ、還暦。

 でも、こうして酒を飲める仕事がある幸せ。
 まだまだ、夢を追い続けますぞ!

 酒が飲める限り…
  

同じカテゴリー(酔眼日記)の記事
 ハラスメント対策 (2018-06-05 10:26)
 貧乏脱出大作戦 (2018-05-31 11:15)
 『新ぐんまカルタ』 制作10周年 (2018-05-09 12:40)
 「F」 と 「H」 (2018-04-18 14:14)
 赤兎馬、宙を舞う。 (2018-01-17 12:41)
 ブリっと、シャブっちゃいました! (2017-11-30 11:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
大事なことは飲み屋で決まる③
    コメント(0)