温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年04月09日

黄泉への誘い


 「おとうさん、施設に入れちゃいなよ」
 「……」
 「どうせ、分からないんだからさ」
 「俺たちにも、いろいろ事情があるんだよ」

 昨日、オヤジを車イスに乗せて、入院しているオフクロを訪ねました。
 僕の顔を見るなり、オフクロは、
 「だいぶ疲れているみたいだけど、大丈夫かい?」
 そう言って、冒頭の言葉を続けたのです。


 オフクロは現在、老衰が進み、在宅介護が不可能なため、リハビリ施設にお世話になっています。
 ほぼ寝たきりですが、頭はハッキリしているので、僕やアニキが訪ねて来るのを、とても楽しみにしています。

 一方、オヤジは要介護認定3の認知症です。
 デイサービスとショートステイを組み合わせて、在宅介護をしていますが、最近は体力が極端に衰えたため、車イスの生活をしています。

 平日は実家でアニキが面倒を看ていますが、週末は僕が自宅にオヤジを引き取っています。
 そして毎週日曜日は、オヤジを連れて、オフクロに会いに行きます。
 オフクロは喜んでくれますが、オヤジは無表情です。
 僕のことも分からないのですから、オフクロのことも分かりません。


 ポカンと宙を仰いでいるオヤジの手を握って、突然、ベッドの中のオフクロが言いました。
 「おとうさん、そろそろ私と一緒に、あの世に行きませんか?」
 「そんなことを言ったって、分かるわけないだろう! なんていうことを言うんだい!」
 「ジュン、おとうさんに聞こえるように、言ってくれないかい?」

 冗談とは思えない真剣な目で、僕に訴えてきました。
 しかたなく僕は、オヤジの耳元で、大声を出して訊いてみました。
 「ばーちゃんがさー、いっしょに、あのよに、いこうって!」

 このあと、オヤジは、なんて言ったと思いますか?


 「いや、オレはいい」
 ですって。

 それを聞いたオフクロの悲しそうな顔といったらありませんでした。
 「おとうさん、それじゃ、ダメなんですよ。ジュンたちに迷惑が、かかるんですから」
 そう言うと、目をつむってしまいました。


 この会話、息子としては、どうリアクションすればいいのでしょうか?
 笑うに笑えないし、でも、笑わないとオフクロが、かわいそうでなりません。

 「ま、そういうことだから、2人とも長生きしてくださいな。俺とアニキなら大丈夫だからさ」

 車イスを押しながら、病室を後にしました。


同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 昔イクメン、今カイメン。 (2018-06-19 11:11)
 正しくなくとも…… (2018-06-15 11:46)
 言葉を届けに (2018-05-27 19:12)
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
黄泉への誘い
    コメント(0)