温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年04月20日

K温泉殺人事件


 「K温泉に行ったことがあるんですけど……」

 知り合いの青年(20代) が、話しかけてきました。
 温泉の話をするにしては、なんだか浮かない顔をしています。

 「いい湯だったろ?」
 「それが、途中で帰ってきちゃったんですよ」
 「なんで?」
 「ええ、なんだか怖くなっちゃって」


 数年前のこと。
 彼は彼女と、ドライブに出かけたといいます。
 一度は聞いたことがある秘湯のK温泉を訪ねてみることにしました。
 ところが、国道から山道に入った途端……

 「なんだかヘンな気分になったんです。誰かに見られているような、ずーっと後をつけられているような」
 「それで?」
 「あの道、行き止まりになるでしょ?」
 「だね、そこからは歩くんだよ」
 「ええ、それは知っていたんだけど、その行き止まりに廃墟があって……」
 「君が行ったのは、何年か前のことだね? 今は、もう更地になっているよ」
 「そうなんですか……」
 「で、帰ってきちゃったの?」
 「ええ、廃墟を見た途端、急に頭痛と吐き気までしてきて。こりゃ、ヤバイと思って、引き返しました」

 彼との会話は、これで終わりではありませんでした。

 「小暮さんは、知ってましたか?」
 「何を?」
 「あそこで殺人事件があったこと」
 「もちろん、知っているよ。有名な話だからね。でも、君が生まれる、はるか昔のことだよ」

 彼との会話は、ここで終わりです。
 彼は帰宅後、「あそこは絶対、何かある」 と思い、ネットで検索をして事件を知ったといいます。


 昭和47(1972)年8月に、事件は起こりました。
 K温泉に泊まった20代の女性が、下山途中に、何者かに殺害されました。
 遺体は作業小屋で発見されましたが、刃物でメッタ刺しにされた猟奇殺人だったといいます。

 当時、僕は中学生でしたが、おぼろげに事件のことは覚えています。
 長じて、ライターとして温泉取材で訪れた時に、資料により詳細を知りました。
 そして、この殺人事件は、46年経った現在でも未解決のままです。


 この事件、とても謎が多いため、今でも時々話題に上ることがあります。
 その謎とは……

 ●なぜ、被害者は1人で温泉へ行ったのか?
  最初は、家族や知人と行く予定だったといいます。

 ●なぜ、歩いて山を下りたのか?
  宿の送迎車があるのに、断っています。最寄りの駅までは徒歩2~3時間かかります。

 ●残された写真は誰が撮ったのか?
  所持品のカメラには、下山途中に写された本人の写真が残っていました。
  事件後、警察や報道機関の呼びかけで、「私が撮った」 と名乗り出た男がいたそうですが、のちに実在しない人物であることが判明しました。

 ●なぜ、遺体は移動されたのか?
  殺害現場である作業小屋の中で、犯人が死体を引きずった痕跡があったといいます。

 ●なぜ、メッタ刺しなのか?
  これが最大の謎です。
  通り魔なのか、怨恨なのか?
  凶器は、見つかっていません。


 先日、十数年ぶりに未解決の殺人事件の犯人が、DNA鑑定により逮捕されました。
 一日も早い事件の解決と、犯人逮捕を願っています。

 でないと、彼のように霊感の強い人が、成仏できない霊魂に脅かされて、温泉にたどり着けなくなってしまいますから。


同じカテゴリー(温泉雑話)の記事
 金は出すが口は出さぬ (2018-12-02 13:37)
 美肌と温泉と空っ風 (2018-11-21 14:10)
 冬はニオイに御用心! (2018-10-17 13:02)
 熱き心に湯の花が咲く (2018-06-01 11:40)
 やっぱ横綱でしょう! (2018-03-29 11:25)
 どこかで 誰かが⑧ 湯中にて (2018-02-09 18:12)

この記事へのコメント
頭痛と吐き気なんて、怒りをもった霊障ですね、たぶん

K温泉なんて通り魔とは考えにくいところだし

当時は車はまだ貴重品な時代だし

でも大久保清とかもいた時代?だし

似たような内容の映画を偶然先日観ましたけど、殺害された女性は犯人が逮捕されるまで成仏しない内容でした
Posted by ぴー at 2018年04月21日 17:13
ぴーさんへ

確かに、山の中での通り魔というのは、考えにくいですね。
通り魔に見せかけた、怨恨による殺人ではないか……とも。
その日、被害者が1人でK温泉へ行くことを知っていた者とか。

謎がナゾを呼ぶ事件ですが、一日も早い犯人逮捕を望みます。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2018年04月22日 16:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
K温泉殺人事件
    コメント(2)