温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年04月22日

救命猫?


 それは、愛犬のマロと散歩に出たときのことでした。

 我が家のまわりをグルリと一周して、もどると、路上にネコがいました。
 それも道路の真ん中で、不自然な格好で、まるで行き倒れのように両手両脚をのぼして横になっています。

 「ワン、ワンワン!」
 吠えるマロを制して、様子を伺いました。
 というのも、すぐ近くに仲間とおぼしき、もう一匹のネコが、心配そうな顔をして、路上のネコを見つめているからです。

 「マロ、近づくな!」
 リードをたぐり、数十メートル離れたところから、2匹の行動を見守りました。


 <どうしたんだい? 具合でも悪いのかい?>
 たぶん、もう一匹のネコは、そんなことを言ったのだと思います。
 でも、依然、路上のネコは動きません。

 <そんなところにいると、クルマにひかれちゃうよ!>
 たぶん、そんなことを注意したのだと思います。
 でも、路上のネコは、ピクリとも動きません。


 次の瞬間です。
 もう一匹のネコは、路上のネコに近寄ると、いきなり、首の後ろにガブリと噛みついたのです。
 そして、足を踏ん張り、路上のネコを引きずり始めました。

 「えっ、えええーーー!!」
 見ていた僕とマロは、驚きを隠せません。
 「おい、マロ、今の見たか!?」
 「ワン」

 ついに路肩まで、引きずったのであります。
 その間、路上のネコは、まったくの無抵抗でした。


 散歩からもどって、1時間ほどして。
 外出するため、家の外へ出てみると、すでに2匹のネコはいませんでした。

 あれは、なんだったのでしょうか?
 脳梗塞で倒れた仲間を、救助していたのでしょうか?
 それとも、2匹は親子だったのでしょうか?
 道路で、ふざけていた子どもを叱っていたのかもしれません。

 それとも、2匹で決めた 「行き倒れゲーム」 で遊んでいる最中だったのでしょうか?

 いずれにせよ、クルマにひかれなくて、良かったのであります。
 

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)
 カウントダウン (2018-05-07 18:02)
 ホールインGW (2018-05-03 18:48)
 一期三会 (2018-05-01 12:25)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
救命猫?
    コメント(0)