温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ぐんま謎学の旅~民話と伝説の舞台』(ちいきしんぶん)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年05月05日

急に温泉へ行きたくなったら


 ゴールデンウィークの中日、友人から電話がありました。
 「これからでも泊まれる温泉宿ってありますか?」
 なんでも知り合いが、急きょ、家族を連れて温泉へ行きたいと相談してきたといいます。
 で、その矛先が僕に向けられたということです。

 「この時期、どこもいっぱいですよね?」
 ま、ゴールデンウィークは一年でも、一番の書き入れ時ですからね。
 有名温泉地の有名旅館は、まず予約が取れないでしょうね。

 「でも、探せば、穴場のいい宿があるはずですよ」
 「えっ、ありますか? どこでしょう?」


 こんな時、みなさんなら、どうやって探しますか?
 即、ネットで検索ですか?
 でも、ネットでは、どうしても有名旅館の情報量が多くて、なかなかマニアックな宿はヒットしませんよね。
 まして温泉名も、宿名も知らない旅館にたどり着くのは至難の業です。

 そんなときにオススメなのが、そう! 僕の著書です!!
 えっ、なに宣伝しているんだって?
 まあ、たまには、いいじゃありませんか。

 温泉地のすべての宿(旅館・ホテル・民宿) が網羅されていますし、料金、客室数、浴室数から、泉質、湯量、効能、加水・加温・循環装置の使用の有無まで記載されていますので、隅から隅まで読めば、絶対にお目当ての宿を見つけられること請け合いです!

 えっ、そんな時間はないって?
 ですよね、すぐに温泉へ行きたいんですものね。
 では、そんな時は、どうしたらいいのか?
 とっておきの裏ワザ(?) を教えしちゃいましょう!

 それは、観光協会や温泉協会に電話をするのです。
 すべての宿の情報を把握している協会には、“今” の最新情報が集まっています。
 さらに、料金や料理、設備などの要望が出せます。

 温泉好きならば、宿の環境や湯の状態なども相談してみてください。

 “困った時の協会頼み” 忘れずに!


 現在、僕は群馬県内5つの観光・温泉大使をしています。
 もし、急に温泉へ行きたくなったら、下記の協会を思い出してください。

 ●みなかみ町観光協会 TEL.0278-62-0401
 ●中之条町企画政策課 TEL.0279-75-8802
 ●老神温泉観光協会  TEL.0278-56-3013
 ●伊香保温泉観光協会 TEL.0279-72-3151
 ●四万温泉協会    TEL.0279-64-2321


同じカテゴリー(大使通信)の記事
 特集/足湯鼎談 (2018-07-18 11:13)
 大使大集合 (2018-03-25 17:01)
 老神の逆襲 (2018-01-10 20:29)
 祝! 四万温泉 (2017-12-06 12:49)
 「紅白の湯」 をめぐりませんか? (2017-10-27 14:27)
 四万を語る (2017-10-18 17:58)

この記事へのコメント
小暮さん、お久しぶりです。 とてもいい提案だと思いますが、土日祝日やゴールデンウィーク期間中、お盆やお正月の営業が果たして…??
失礼ながら温泉and観光協会の営業が、もしも繁忙期に休日なんて有るのならば、本当に地元の事を考えているのかしら?と考えずにはいられません。お問い合わせは平日に!では困ります。ぜひ「思いたったが吉日」のお客様の要望に答えて頂きたいものですね。
Posted by 水上のなべちゃん at 2018年05月06日 18:46
水上のなべちゃんへ

お久しぶりです。
お元気でしたか?

おっしゃるとおりです。
協会により、温度差があることは事実です。
休日返上で取り組んでいる職員がいるところもあれば、カレンダーどおりの営業しかしないところもあります。
たぶん、それが人気温泉地と、そうでない温泉地の違いなのでしょうね。
Posted by 小暮 淳小暮 淳 at 2018年05月07日 17:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
急に温泉へ行きたくなったら
    コメント(2)