温泉ライター、小暮淳の公式ブログです。雑誌や新聞では書けなかったこぼれ話や講演会、セミナーなどのイベント情報および日常をつれづれなるままに公表しています。
プロフィール
小暮 淳
小暮 淳
こぐれ じゅん



1958年、群馬県前橋市生まれ。

群馬県内のタウン誌、生活情報誌、フリーペーパー等の編集長を経て、現在はフリーライター。

温泉の魅力に取りつかれ、取材を続けながら群馬県内の温泉地をめぐる。特に一軒宿や小さな温泉地を中心に訪ね、新聞や雑誌にエッセーやコラムを執筆中。群馬の温泉のPRを兼ねて、セミナーや講演活動も行っている。

群馬県温泉アドバイザー「フォローアップ研修会」講師(平成19年度)。

長野県温泉協会「研修会」講師(平成20年度)

NHK文化センター前橋教室「野外温泉講座」講師(平成21年度~現在)
NHK-FM前橋放送局「群馬は温泉パラダイス」パーソナリティー(平成23年度)

前橋カルチャーセンター「小暮淳と行く 湯けむり散歩」講師(平成22、24年度)

群馬テレビ「ニュースジャスト6」コメンテーター(平成24年度~27年)
群馬テレビ「ぐんまトリビア図鑑」スーパーバイザー(平成27年度~現在)

NPO法人「湯治乃邑(くに)」代表理事
群馬のブログポータルサイト「グンブロ」顧問
みなかみ温泉大使
中之条町観光大使
老神温泉大使
伊香保温泉大使
四万温泉大使



著書に『ぐんまの源泉一軒宿』 『群馬の小さな温泉』 『あなたにも教えたい 四万温泉』 『みなかみ18湯〔上〕』 『みなかみ18湯〔下〕』 『新ぐんまの源泉一軒宿』 『尾瀬の里湯~老神片品11温泉』 『西上州の薬湯』『金銀名湯 伊香保温泉』 『ぐんまの里山 てくてく歩き』 『上毛カルテ』(以上、上毛新聞社)、『ヨー!サイゴン』(でくの房)、絵本『誕生日の夜』(よろずかわら版)などがある。

2018年05月07日

カウントダウン


 還暦まで、100日を切りました。

 別に生き急いでいるわけではありませんが、なんだか急かされているような、焦っている自分がいます。
 まるで、試験日を目前にした受験生の気分です。

 30歳を迎えたときも、40歳を迎えたときも、50歳を迎えたときも、こんな忙しない気持ちで迎えたことはありませんでした。
 ふと気が付くと、今までの人生を振り返っているのです。
 決して、後悔なんてしていません。
 ただ、あんなことがあった、こんなことがあったと、走馬灯のように記憶がめぐります。


 夢を追って、東京へ出た10代
 挫折をして、都落ちした20代
 心機一転、新しい世界へ飛び込んだ30代
 暗中模索の40代
 我武者羅に走り抜けた50代

 思えば、挫折と再生のくり返しでした。
 「いったい自分は、何をやりたかったのだろう?」
 自問自答をする毎日です。


 “人生百年” といわれる長寿時代になりました。
 それでも、折り返し地点は過ぎています。
 そして残り40年といわれても、両親の介護をしている僕には、実質、そんなには動けないことも知っています。

 あと20年?
 いや15年だろうか?
 それも、健康であればという条件付きです。


 人生は、一本の道だったはず。
 僕は、その道から外れていないだろうか……
  

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 情熱のローラ (2018-05-18 23:13)
 母の日なのに (2018-05-14 23:08)
 来世のために (2018-05-12 11:30)
 ホールインGW (2018-05-03 18:48)
 一期三会 (2018-05-01 12:25)
 記憶のゆくえ② (2018-04-30 13:50)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
カウントダウン
    コメント(0)